芸能

明石家さんま、カトパンの「痛恨ミス」に“ネチネチ蒸し返しの刑”を宣告!?

 さしもの明石家さんまも看過できないミスだった!?

 7月1日に63歳の誕生日を迎えたさんま。「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で共演中のフリーアナのカトパンこと加藤綾子からも毎年誕生日プレゼントを贈られているという。そんなさんまは、8月25日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS)で、今年はとんでもないプレゼントをもらい、大パニックになったそうだ。

「ここ5年ほど加藤は手作りマトリョーシカを贈ってくれたそうです。絵のうまい加藤は明石家さんまの演じた人気キャラ(ブラックデビル、パーデンネン、知っとるケなど)のマトリョーシカを一つ一つ手作りしていたんです。その一生懸命さに感動し、さんまも毎年、加藤の誕生日に本人のリクエストを聞いてお返ししていました」(芸能ライター)

 ところが、今年はいつもと勝手が違い、加藤とフジテレビで同期だった榎並大二郎アナ、椿原慶子アナらと一緒に祝ってくれた。加藤のプレゼントは、仏製高級バターと高級ラスク。大好物に大喜びのさんまだったが、紙袋に入ったラスクの箱に「お中元」ののし紙がついているのを見て、あまりの衝撃にパニクってしまったのだとか。

「さんまは、カトパンが自分がもらったお中元を使い回しして誕生日プレゼントにしてしまうようなケチな考えの持ち主だったのかとガク然となったわけです。少なくとも自分は毎年希望通りの品をわざわざ購入して礼を尽くしているわけですから、軽んじられたと思ったんです」(前出・芸能ライター)

 加藤にすぐ開けるよう催促されたため、のし紙つきのラスクの箱を取り出したさんま。途端に顔を真っ赤にして否定する加藤。加藤の主張はさんまのために購入したもので、お中元やお歳暮としてしか届けてくれない希少品で、自分に届いたお中元の「のし紙取り忘れ」では断じてないとのことだった。しかし、さんまは、加藤の言う通りだったとしても、渡す前になぜ紙を取らなかったのか大いに不思議がった。

「よほどショックだったんでしょう。さんまは、その、のし紙つきの箱を写真に撮り、いやみったらしく連日LINEで加藤に送っているそうです。この日も『ラジオでラスクの話しました。ウケてたで。加藤のおかげや』と送るつもりだと息巻いていました。ちなみにさんまは、贈り物に関しては人一倍うるさく、ハワイみやげで黒いゴルフボール1個を買ってきたラジオの共演者の『モーニング娘。』飯窪春菜は、その話を6年間ずっと蒸し返され続けています。加藤も飯窪同様“6年の刑”を言い渡されてしまった形です」(ネットライター)

 手作り品一辺倒だったプレゼントが、激変。ひょっとして新恋人ができた!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”