女子アナ

「報ステ」降板の小川彩佳アナがバラエティ番組でハジけるテッパン根拠!

 テレビ朝日の看板番組「報道ステーション」でサブキャスターを務める小川彩佳アナが、9月いっぱいで降板。10月からは「AbemaTV」の看板報道番組「AbemaPrime」の司会進行を務めることになった。本人の希望とはいえ、視聴者から見れば「ネットテレビに左遷された」と見えるのもまた事実だ。

 その小川アナを10月からはテレ朝では観られなくなるのか?女子アナファンはヤキモキしている状況だが、実は同局の内部から小川アナに対して熱烈なラブコールが送られているという。何でもバラエティ番組が熱視線を送っているというのである。テレビ業界関係者がささやく。

「リア充っぽい美形とは裏腹に生真面目な性格の小川アナは、日本舞踊では名取の資格を持ち、英語はTOEIC915点の才女。父親は慶大医学部の教授で、青山学院大学在学時には成績最優秀者に贈られる学業奨励賞を受賞するなど絵に描いたようなご令嬢です。そのようにバラエティとは程遠いタイプゆえ、そのキャラクターをイジれば新たな化学反応が起こるのは確実。テレ朝には『アメトーーク!』や『ロンドンハーツ』といった人気バラエティ番組も多く、『報道ステーション』に気を遣う必要がなくなる10月以降には、小川アナに対するオファーが殺到するのは確実でしょう」

 ただ、入社12年目のベテランにもかかわらず、小川アナにはこれまでバラエティ番組への出演がほとんどなく、せいぜい『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』の特番にアナウンサーチームの一員として参加した程度に過ぎない。常々、報道志向を口にしている小川アナだけに、バラエティ番組からのオファーもけんもほろろに断りはしないか。

「テレビ朝日公式サイトの自己紹介には『どんなジャンルにも幅広く挑戦していきたいです!』とあり、バラエティ出演を拒否すると自己矛盾になるはず。それに生真面目な性格の人ほど、誠意をもって頭を下げられると断れないものですから、近日中のバラエティ出演に期待が高まります。本人は赤面症だと告白しており、バラエティ番組で顔を真っ赤にするシーンが映し出されれば、その堅物ぶりで敬遠していた視聴者も、一気に彼女のファンになるかもしれませんね」(前出・テレビ業界関係者)

 後輩アナからは「完璧超人」と呼ばれている小川アナだが、そんな性格ゆえにバラエティ番組でも笑いを取るべく完璧を目指してくれるのではないだろうか。

(浦山信一)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」