スポーツ

本田圭佑「プロ野球参入」構想をスッパ抜く!(1)日本のクラブを単独で経営する

 ロシアW杯での活躍から、本田圭佑の勢いが止まらない。新たなリーグでの現役続行はおろか、一国の代表監督にまで上り詰めたのだ。並行して、かねてより旺盛な意欲を示していたビジネスも拡大の一途。果てしないケイスケホンダの野望の手がついには──。

 8月12日、W杯ロシア大会後は「現役引退」も考えていた本田圭佑(32)が、現役選手にしてカンボジア代表の実質的監督に就任すると発表された。

 本田に近いサッカー関係者が解説する。

「世間は大騒ぎしていますが、本田はふだんからそれ以上の大言壮語を連発しているので特に驚きはなかったですね。今回は結果的に、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに選手として入団し、同時にカンボジアの監督にもなりましたが、本当は『もっと大きなこと』をやろうとしていた。実は、日本の東京ヴェルディを買収しようとしていたんです。交渉成立のギリギリのところまでいったんですが、最終的に頓挫してしまった」

 ヴェルディといえば、現在はJ2に低迷するものの、かつては三浦知良、ラモス瑠偉らを擁し、Jリーグ草創期に最強軍団として君臨した超名門クラブだ。

「本田はヴェルディ買収が成功すれば、選手としてもヴェルディに入団し、同時にヴェルディの実質的監督となって、衝撃的な『日本復帰』を果たすつもりだったんです」(サッカー関係者)

 当初のもくろみどおりであれば、インパクトはより大きかっただろう。とはいえ、本田はなぜヴェルディ買収に動いたのか。

「もともと彼はオーストリア、カンボジア、ウガンダなどでクラブチームを運営していて、オーナー業での『Jリーグ進出』は念願でした。同時に近年のヴェルディは成績の低迷とともに経営難が続いており、サッカー界では『10億円以内で買収できる格安クラブ』とささやかれる、有名な“お買い得物件”だったんです」(サッカー関係者)

 ロシアW杯前の5月に、本田がヴェルディの練習に合流したことで接点が生まれたという。

「本田は合流中にヴェルディ経営陣と会食の機会を持ち、その時、Jリーグのクラブ経営に関心を示した本田にヴェルディ側は『共同経営』を持ちかけた。一方で本田は、W杯後に『単独で経営したい』と希望を伝えたと言われています。本田の会社が買収交渉を続けたものの、破談になったというのが顛末です」(サッカー関係者)

 こうした一連の動きは、まずロシアW杯での活躍があってのことだった。メルボルンの入団会見でも明かしていたように、結果が残せなければ「現役引退」の道を示唆しており、その場合は当面、サッカー界で表立った動きをせずに黙々とビジネスに力を注ぐつもりだったのだ。そして、ヴェルディ買収に失敗した今でも、本田の「Jリーグ進出」意欲は収まっていないという。

「本田は『カンボジア代表監督の任期中にも、何とかして日本のクラブを買収したい』と周囲に語っている。現在、本田の会社で国内の全ての有力クラブの経営状況を徹底的に調べていて、いつでも具体的な買収交渉に臨める状態なんです」(サッカー関係者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった