スポーツ

松山英樹が絶不調で「奇行」を連発していた(1)キャディー変更の理由とは?

 プロゴルファーの松山英樹(26)が迷走を続けている。昨季は「メジャータイトルに最も近い男」と称され、世界ランク2位にまで駆け上がるも、今季は精彩を欠き、ここまでの成績は自己ワースト。そのうえ、奇行にも見えるふるまいが相次ぎ、周囲から変人扱いされるほどだという。

 松山が主戦場とする米ツアーは、今季のクライマックスを飾る「プレーオフシリーズ」を迎えている。スポーツ紙記者が解説する。

「翌シーズンのシード権を得た125人が4試合で年間王者を競う大会です。1試合終了ごとに100人、70人、30人とカットアウトされていくサバイバルゲームで、王者は破格の1000万ドル(約10億円)のボーナスを手にします」

 ルーキーイヤーの14年から5年連続出場の松山は、昨季はトップでスタートし、日本人初となる王座に挑戦したが、今季は過去ワーストの76位で初戦を迎え、最悪、8月31日から開催される第2戦「デルテクノロジーズ選手権」がラストゲームになりかねない状況だ。

「絶不調の原因は2月に痛めた親指付け根のケガですが、6月の全米オープンで破損したドライバーの影響も大きかった。プロの場合、同じモデルに取り換えればいいというものではないだけにイライラが募り、7月3週目の全英オープンを目前にして爆発した。2週目の『スコティッシュオープン』の初参戦を表明し、異例のメジャー連戦を決行。そのうえ、進藤大典キャディー(38)を外すという、誰の目にも想定外の出来事が起きたのです」(スポーツ紙記者)

 進藤キャディーといえば、松山のラブコールに応え、13年の全米ツアー挑戦から二人三脚で戦ってきたパートナーで、まさに松山のエースキャディーだ。「プレーオフシリーズ」でも2カ月ぶりにコンビを復活させてはいるものの、ゴルフライターによれば、

「松山は進藤キャディー外しについて、『深い意味はない。自分の問題。気分転換ですね』と説明している。ところが一方で、進藤キャディーはゴルフ誌の連載コラムに『充電期間』と題して『夫婦の倦怠期』と表現。二人の言い回しには温度差を感じたし、『メジャーの舞台でサポートしたかった』という本音が、今の松山のわがままぶりをうかがわせました」

 確かに、進藤キャディーの代役の顔ぶれを見ても、

「松山の相談相手で、20年東京五輪の総合コーチを務める丸山茂樹氏の元キャディーや東北福祉大の先輩・佐伯三貴のエースキャディーを借りていて、その場しのぎにしか見えない。11月には国内で、『太平洋マスターズ』と『ダンロップフェニックスオープン』への参戦が濃厚ですが、そこでは15年の『福島オープン』でキャディーに起用した後輩プロとコンビを組むという情報もあり、例のない『4人体制』とも言える奇行ぶりです」(ゴルフライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測