スポーツ

松山英樹が絶不調で「奇行」を連発していた(1)キャディー変更の理由とは?

 プロゴルファーの松山英樹(26)が迷走を続けている。昨季は「メジャータイトルに最も近い男」と称され、世界ランク2位にまで駆け上がるも、今季は精彩を欠き、ここまでの成績は自己ワースト。そのうえ、奇行にも見えるふるまいが相次ぎ、周囲から変人扱いされるほどだという。

 松山が主戦場とする米ツアーは、今季のクライマックスを飾る「プレーオフシリーズ」を迎えている。スポーツ紙記者が解説する。

「翌シーズンのシード権を得た125人が4試合で年間王者を競う大会です。1試合終了ごとに100人、70人、30人とカットアウトされていくサバイバルゲームで、王者は破格の1000万ドル(約10億円)のボーナスを手にします」

 ルーキーイヤーの14年から5年連続出場の松山は、昨季はトップでスタートし、日本人初となる王座に挑戦したが、今季は過去ワーストの76位で初戦を迎え、最悪、8月31日から開催される第2戦「デルテクノロジーズ選手権」がラストゲームになりかねない状況だ。

「絶不調の原因は2月に痛めた親指付け根のケガですが、6月の全米オープンで破損したドライバーの影響も大きかった。プロの場合、同じモデルに取り換えればいいというものではないだけにイライラが募り、7月3週目の全英オープンを目前にして爆発した。2週目の『スコティッシュオープン』の初参戦を表明し、異例のメジャー連戦を決行。そのうえ、進藤大典キャディー(38)を外すという、誰の目にも想定外の出来事が起きたのです」(スポーツ紙記者)

 進藤キャディーといえば、松山のラブコールに応え、13年の全米ツアー挑戦から二人三脚で戦ってきたパートナーで、まさに松山のエースキャディーだ。「プレーオフシリーズ」でも2カ月ぶりにコンビを復活させてはいるものの、ゴルフライターによれば、

「松山は進藤キャディー外しについて、『深い意味はない。自分の問題。気分転換ですね』と説明している。ところが一方で、進藤キャディーはゴルフ誌の連載コラムに『充電期間』と題して『夫婦の倦怠期』と表現。二人の言い回しには温度差を感じたし、『メジャーの舞台でサポートしたかった』という本音が、今の松山のわがままぶりをうかがわせました」

 確かに、進藤キャディーの代役の顔ぶれを見ても、

「松山の相談相手で、20年東京五輪の総合コーチを務める丸山茂樹氏の元キャディーや東北福祉大の先輩・佐伯三貴のエースキャディーを借りていて、その場しのぎにしか見えない。11月には国内で、『太平洋マスターズ』と『ダンロップフェニックスオープン』への参戦が濃厚ですが、そこでは15年の『福島オープン』でキャディーに起用した後輩プロとコンビを組むという情報もあり、例のない『4人体制』とも言える奇行ぶりです」(ゴルフライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!