芸能

「この世界の片隅に」戦時下のあまりに悲惨な展開に“涙腺崩壊”視聴者続出

 松本穂香主演ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)の第7話が9月2日に放送され、平均視聴率は9.8%だったことがわかった。

 この日は、投下された不発弾を発見した北条すず(松本)が、一緒にいた夫の姉の娘・晴美(稲垣来泉)の手を引き逃げるのだが…。すずが目を覚ますとそこは北條家で、全身包帯だらけの身体は動かない。しかも、晴美が亡くなり、すずも右手を失っていた。自責の念に駆られるすずだが、米軍の攻撃は、日に日に激しさを増す一方だった。そして、広島への原爆投下の日が来る。これまでのストーリーの中でも、悲惨な状況を描いた内容だった。

「視聴者からは『容赦なく次々に襲いかかる絶望の連続に号泣しました』『本当に辛い回でした。晴美ちゃんの死。すずが顔に傷を負い右手をなくしたこと。原因はすべて戦争のせいです。ドラマを見て恐怖におののきました』『もうダメ。涙が止まらない』などの意見がネット上に書き込まれ、涙腺崩壊の回だったようです。また、広島への原爆投下が8月6日だったことから『この回はすごく重いからこそ8月に放送してほしかった』『これ、映画にして毎年8月に放送すればいいのに。だんだん戦争のことが薄れてるから』『8月中だったらもっと響いた』などの意見も多数ありました」(週刊誌記者)

 戦争を体験した世代が少なくなった平和な今だからこそ、戦争によって想像を絶する辛苦を味わった市井の人々の物語が、視聴者の心に響いたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…