芸能

「炎上芸人」ドランクドラゴン・鈴木拓が炎上タレントたちに“深イイ”エール!

 お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が9月6日、自身のツイッターアカウントを更新し、“炎上タレント”の末路について言及している。

〈炎上はその時はいいんだけどねぇー〉と切り出した鈴木は続けて、〈いろんな他の番組に出た時視聴率が下がるんだよねぇ。本当に嫌いになる人もいてスポンサーにクレームしたりねぇ。するとテレビに呼ばれなくなるんだよねぇ〉と綴り、炎上を引き起こすような振る舞いが原因でテレビ出演オファーの減少につながる可能性があることを示唆。SNSへの批判的な書き込みにとどまらず、スポンサーへクレームを入れる視聴者の存在を明かした。

 事実、鈴木は2012年に「逃走中」(フジテレビ系)に出演した際、ハンターから逃げ延びなければならない制限時間をフルにクリアすることなく、途中で“自首”という手段を選びおよそ130万円の賞金を獲得。同企画ルールの許容範囲内における行動ではあるものの、消極的な姿勢に対して多くの攻撃的なリプライがツイッターを介して寄せられてしまったのだ。同じく芸人のとろサーモン久保田かずのぶが先日、同じ番組内で共演したユーチューバー・ヒカキンを挑発するような振る舞いを見せたことでプチ炎上騒動に発展していたことから、炎上芸人の先輩として鈴木も黙ってはいられなかったのかもしれない。

 鈴木は続けて〈その時は盛り上がっていいけど。俺知ってんだァ。後々きつくなるのよ。でも応援してるよ〉とも綴り、今後試練に直面する可能性のある久保田への間接的なエールを送った。

 特殊な経験に基づいたツイートを展開した鈴木に対しては、「これは深イイ話で話すべき案件ですよ」「鈴木さんだからこそ言える忠告」「経験者の言葉は重いですね」との反応が集まっており、「タクちゃん頑張れーー」といった温かい返信も寄せられている。

 肝心の久保田はプチ炎上した「逃走中」放送後、自身のツイッター上に批判的なリプライを飛ばす一般ユーザーに対して〈おいよく聞け。逃走中は終わった〉などと挑発のツイートを投稿していたこともあるが、“先輩”鈴木のアドバイスは響いているのだろうか。とろサーモンの今後のキャリアが平和的なものであってほしいところだが、はたしてどのような展開が待っているだろうか?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!