芸能

人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(2)あの事件で西内まりやは苦境に立たされ…

 同じく静岡で、あの美人姉妹も札束を動かそうとしていた。

「売れに売れている広瀬アリス(23)、広瀬すず(20)姉妹が地元の静岡に豪華な一軒家を建てようとしているんですよ。現在、姉妹合わせてCM出演数が15本を超えるなど、まさに絶好調。特に10社以上と契約を交わすすずのギャラは1社8000万円と高騰していて、広瀬家は膨大な資産を築いています。二人のギャラは母親が管理しているらしいのですが、あくまでも姉妹の意向として3億円とも言われる“広瀬御殿”を建てるそうです」(民放局関係者)

 いずれの静岡美女たちも、親孝行の金に糸目はつけないようだ。

「かつて広瀬姉妹の父親は看板職人をしていたのですが、病に倒れて療養中という事情があるんです。できるだけ健康に暮らせる環境を考えてのことなのでしょう」(民放局関係者)

 有り余るお金の使いみちに悩むセレブ女優がいる一方で、日々の暮らしに黄信号が灯った金欠女優も。芸能レポーターはまず、西内まりや(24)の名を挙げた。

「14年には歌手として『日本レコード大賞』の最優秀新人賞を受賞し、17年にはフジテレビ系月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』でヒロインを務めるなど順風満帆の女優活動を送っていましたが、今では『もうすぐ貯金を使い切ってしまって生活ができなくなる』と周囲にボヤくほど困窮しているといいます。“あの事件”が全てをブチ壊してしまいましたね」

 それは、昨年10月に発生した「事務所社長ビンタ事件」。今後の活動について事務所と話し合いの機会を持っていたのだが、「もう我慢できない!」と大声で泣き叫んで、所属事務所社長をビンタしてしまったのだ。これをきっかけに、彼女は今年3月、ほぼ音信不通のまま独立した。

 その後、7月に芸能活動再開を宣言したものの、事件の代償は大きく、今に至るまで仕事は皆無なのである。

「顔見知りの音楽プロデューサーらに熱心に営業しているものの、さっぱりお声がかからない。そこで西内は閲覧数に応じて自動的に広告料が入るネット動画の『ユーチューブ』に目をつけ、『今後はユーチューバーとして頑張る』と語っているのですが、周囲は『一般のファンからも見放されているから無理』と、総じて厳しい見方なんです」(芸能レポーター)

 先日も、彼女の苦境を物語る出来事があった。

「3月末の退社に際し、西内の公式サイト『nishiuchimaria.jp』のドメインを前事務所が手放したため、8月下旬にドメイン管理会社によりオークションにかけられたのですが、落札額はたったの『1万200円』。20万円の高値を付けるドメインもある中、悲惨なまでの不人気ぶりがあらわになったんです。西内本人が買い戻したのかと思いきや、あろうことか、落札したのはエロ業者。9月上旬に更新されたサイトでは、AVから拝借したと見られるフェラチオ写真やセックスの密録音声などが掲載されていて『西内の公式サイトが急にエロサイトになった』と音楽業界が騒然となりました」(芸能プロダクション関係者)

 貯金が底をつく足音が徐々に近づき、眠れぬ日々を過ごしているようで、芸能レポーターも心配顔で、

「つい先日、彼女は親しい女性誌の編集者に『今、ヌード写真集を出せば、いくらになる?』と聞いていたそうです。貯えが尽きる前に誰かが助けの手を差し伸べればいいのですが‥‥」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道