芸能

まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も

 7月27日より劇場公開されている山下智久主演「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」が、去る9月9日の時点で興行収入86憶円と、いよいよ興収100億円を突破しそうだという。アニメを除く邦画としては、近年ヒットした「シン・ゴジラ」の83億円を抜いて、歴代6位に躍り出た。2008年にフジテレビ系で始まったドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」は、3rdseasonまでシリーズ化。映画化は今回が初めてとなる。

 同映画について、「5人の成長物語として、涙が止まらなかった…」といった賛辞はもちろん多い。だが、一方で、ネットには「エピソードを詰め込み過ぎ!」「見どころは、ガッキー(新垣結衣)が可愛いかったことだけ…」「山Pはかっこ良かったけど…」といった否定的な意見も少なくないのだ。もしかすると当初の見込みより、興収の伸びがゆるやかなのは、このあたりに理由があるのかもしれない。映画ライターが言う。

「まず、血がこれでもかと出てくるシーンが多すぎ、ドラマを見慣れていないと、初めて観る人や子どもたちには抵抗感が強いようです。例えば、花嫁がウエディングドレスを着ていると真っ白いドレスの上に真っ赤な血を大量に吐き、手術台に乗せられ、そのドレスをハサミで真っ二つに切っていく目も当てられないお約束のような展開にはドン引きしました。他にも、かたせ梨乃がアル中の母親役で出てきますが、登場シーンで頭に包丁のかなりの長さが突き刺さっており、さらにかたせ本人がそれを自分で簡単に引っこ抜いて、血がドバドバと出てくる、という『何かのコントか!?』と思わずにいられなかったシーンもありました。主役5人のプライベートな部分にもそれぞれスポットを当てているのですが、ドラマを最初から観ていた人たちにとっては、すんなり合点がいくところもあるでしょう。ただ、それを割り引いても、各々のエピソードの背景を描き切れず散漫になっている印象が拭えません」

 いろいろ事件や事故が起こったが、結局一番何が言いたかったのか? 命の大切さを訴え、主役5人の成長物語ではあるのだろうが、観終わった後にスッキリとしなかった、という感想もネットでは見られた。もしかして、わかりにくいところをあえて作って、過去のドラマ版のDVDなどを見て勉強するように仕向ける戦略!?

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった