芸能

吉岡里帆、ケンカツ最終回でボタン飛びそうな爆裂バスト見せ“ワルあがき”!

 9月18日最終回を迎えたドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)。視聴率は、結果的に初回が自己最高の7.6%を記録。最終回は5.8%と前回の6.5%より0.7ポイント下げての終了となってしまった。生活保護を主軸にした人間ドラマだっただけに、スタート前からゴールデンタイムのドラマとしては「重い」「暗い」などの声があっただけに、残念な結果ながら、わかっていたことだったとも言えそうだ。

「これで主演の吉岡里帆は“潜在視聴率を持っていない女優”というレッテルを貼られてしまったかもしれません。ドラマのキャッチコピーだった“誰かのために汗かく夏”も、女性ウケの悪い吉岡が絡んでしまうと“あざとい”“健気ぶっている”などマイナスイメージとして受け取られてしまったところがありますからね。しかも最終回では男性視聴者を意識したのか、これでもかと言わんばかりに吉岡は第3ボタンが今にもはじけ飛びそうなストライプ柄のブラウスを着せられ、ブルルンと音が聞こえてきそうなほどバストを激揺れさせながら全速力で自転車をこぐシーンが1分ほど続きましたから、ネット上で『男ウケ狙いのシーンにうんざり』『吉岡の揺れる胸を見たい人が多いなら、吉岡にグラビア復帰してもらえばいいのに』といった冷めた声が出ていることも理解できます」(テレビ誌ライター)

 吉岡は昨年1月期放送のドラマ「カルテット」(TBS系)で演じた来杉有朱のような、人の心をもてあそび「人生チョロかった~」と高笑いするようなタチの悪い女を演じたほうが、女性からの支持は高まるのかもしれない。

(写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?