芸能

やはり世の中カネか…元℃-ute岡井千聖、「LINE教えた男性」にファン落胆

 ファンの淡い期待はあっさりと打ち砕かれてしまったようだ。

 元℃-uteでタレントの岡井千聖がバラエティ番組「若林ノブ秋山の揃いも揃って言ったコト」(日本テレビ系)に出演。ある検証企画の結果にファンは落胆しまくっているという。同番組が「テレビ関係者が口をそろえるLINE教えてくれそうなアイドル」というテーマを放送したのは去る10月2日。そのテーマで名前があがったのが岡井と、稲村亜美の2人で、番組では実際に岡井に対してさまざまな男性がLINEを教えてほしいとアプローチをかけてみるとどうなるのかという検証を敢行した。

 番組がまず送り込んだ“刺客”は岡井が好きそうなさわやかなイケメン男性。そのイケメン男性を出前の配達員として送り込み、「ファンです」とアピールして、LINEを聞き出してみることに。しかし、岡井は「ダメですよ」と笑顔で拒否。

その後、ニセ番組のディレクターがLINE交換を持ちかけるも、岡井は「えっ何でですか? マネージャーと交換してますよね」としっかり拒否している。

 しかし、そんな中で唯一OKをもらうことができたのは年収1億円を超えるという設定のニセ会社社長。ニセ番組で共演した会社社長から食事に誘われ、LINEを教えてほしいとお願いされると、岡井は「いいですよ全然」とあっさり教えていた。番組では検証の結果を「イケメン出前やディレクターはダメだけど、岡井千聖は社長にならLINEを教えてくれる」と紹介した。

 この検証結果にファンからは「やっぱり、世の中金なのか」「ファンはいくらイケメンでも相手にしてもらえなさそうだな」「芸能人と接点が作りたいからADになることを考えたこともあるけど、無理ゲーだな」と絶望していた。

「岡井は以前に出演していた『有吉反省会』(日本テレビ系)で、恋人の条件について『一番はお金』『お金がないと揉めるしね』などと話しており、恋人の条件も年収2000万円以上と公言していましたが、単純にそれが本音だったということでしょう。ただ、ファンとしては岡井はタレントとしてテレビ的なことを言っているだけで、実際はそれほど貪欲ではないと思っていたようですから、残酷な現実を突きつけられた形でしょう。また、仮に岡井と偶然遭遇することがあっても、連絡先は聞くことが難しいということもわかりましたから、“ノーチャンス”を実感したようです」(エンタメ誌ライター)

 冷静に考えれば妥当な結果ではあるが、やはり、タレントの連絡先を知りたいなら、まずは社長を目指すことが近道といえそうだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”