芸能

沢田研二騒動で松本人志やヒロミが語った「ジュリー愛」に賛同者が続出!

 10月21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で司会の松本人志とゲスト出演したヒロミが語った「ジュリー愛」が話題になっているようだ。

 この日の放送では、10月17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を開演直前に中止した沢田研二のことが議題の1つに。ヒロミは幼い頃から沢田を「すげぇな」と思っていたと明かしてから、今回の騒動を「ジュリーは美学だから、これで非難されるのもわかっていただろうし、そこをスタッフがわかっていたら、意地でも(主催者と約束していた9000人を会場に)入れたほうが良かったと思う。どんな方法でも」と、持論を展開。

 沢田側が主催者側に対し「9000人の集客ができなければ公演しない」と申し入れていたにもかかわらず、2000人少ない7000人しか集客できなかった点について「もしオレが裏方だったら、2000人どうにか集めて入れて。無料でも金払ってでも、変な話ね。オレがもし裏方ならね。で、やって、満杯にしてジュリーに気持ちよくやってもらって。でもそうやって入れた人たちがジュリーを見たら、ジュリーを好きになると思う。かっこいいから」と語った。

 さらに松本も世間から沢田に対し「プロとしてコンサートをやるべきだった」という声が上がっている現状に「プロと言い出すなら、イベンターのプロ意識はどうなんだと。プロなら、約束したなら、ちゃんと満杯にしたってくれよって」と主催者側のプロ意識の欠如を指摘した。

「40代以上の人間にとって、沢田研二ことジュリーは唯一無二の“歌手の神様”のような存在ですから、ネット上ではヒロミや松本に賛同する声が続出しているようです。また、7月から始まった沢田の70歳を記念したこのライブツアーは、日本全国61カ所で66公演とされているんですが、平日夕方4時や5時に開演するステージが多く、仕事を持っている人間が足を運びにくいスケジュールになっているんです。そのため一部では『定年退職者ばかりがジュリーのファンではないのに』『もっと土日メインでライブしてほしい』『スケジュールに問題がありすぎる』といった声も起きているのだとか」(音楽誌ライター)

 この騒動をきっかけに沢田の歌を聴き、ファンになったという10代、20代の若者もいるようだから、ライブスケジュールの改正は一考の余地があるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり