芸能

親知らずを抜いて顔パンの須藤凜々花に世間は「ギャル!?」とビックリ

 元NMB48でタレントの須藤凜々花が、親知らずを抜いてパンパンにふくれあがった顔を披露した。11月1日に更新したツイッターでは、まるでエサを頬張りすぎたリスのような顔面を披露。本人は「親知らず下二本抜きました」と明かしており、両方の歯を抜いたことで左右均等に腫れあがっていたようだ。

 それに対してインスタグラムには両手で頬を隠した画像をアップし、「親知らずの抜歯で顔が腫れ、あらゆる方法で隠し抜いた一日でした」とコメント。こちらの写真では普段のキュートさと変わらぬ様子を見せており、あくまで頬だけがパンパンに膨れていることが分かる。そんな須藤に対して、親知らずとは別の観点で世間が驚いているという。アイドル誌のライターが語る。

「ツイッターで話題になっている顔パン画像には『りりぽんってこんなにギャルだったっけ!?』と驚く声も少なくないのです。なにしろ髪がリカちゃん人形のような淡い色になっており、しかも巻き髪になっているためギャルっぽさが全開。ふだんは眠さを感じさせる目元も異様にパッチリしており、まるでギャルのコスプレをしているかのようです。素材が美人なので似合っているものの、NMB在籍時には清楚さが人気だったこともあり、『昔のりりぽんのほうが良かった』と嘆くファンも少なくありません」

 そんな須藤の変化をSNSでチェックしてみると、元々は薄い顔つきの本田翼といった雰囲気のショートボブ美人だったのが、9月に髪をパープルグレーに染めたのを皮切りにギャル化がスタート。10月初旬には金髪に、そして10月19日にはラベンダーに染め替え、とても既婚者とは思えないギャルっぽさをまとい始めたのである。

「アイドル時代は幼げなルックスで人気を博し、ナチュラルメイクとショートボムがパブリックイメージになっていました。そんな須藤も11月23日には22歳を迎えますし、オシャレへの感覚が変わるのも無理はありません。髪型もいまやミディアムロングに伸びていますし、アイドル時代にはギャルメイクなど厳禁だったでしょうから、遅まきながらギャルデビューを果たした形でしょうか。以前の須藤が好きだったファンにとっては残念な変化かもしれませんが、このギャル化で女性ファンをつかむ可能性もありそうです」(前出・アイドル誌ライター)

 ともあれ今回の変化は「美人はどんな髪型でも美人」であることを証明しているかのようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク