芸能

一発屋芸人・ヒロシ、「自死も考えた」「クソ野郎ども覚悟しろ」発言の波紋

 お笑いタレントのヒロシが11月14日、自身のツイッターアカウントを更新し、かつての「絶望しかなかった」という時期に自死を考えた経験があると告白。ファンからは応援のコメントが寄せられている。

“ヒロシです”の掛け声と共に自虐ネタを次々に繰り出す芸が一世を風靡し、一発屋芸人の象徴として紹介されることも多いヒロシだが、時代の流れに伴い、徐々にバラエティ番組への登場回数も減り、最近では自身の趣味でもあるアウトドアやキャンプを楽しむ様子を届けるYouTubeチャンネルの運営などを手がけている。

 そんなヒロシが14日午前2時にツイッターを更新すると、〈全てのことが嫌になり〉という理由で自死をしようとした、と書き出し、〈世の中、クソみたいな人間だらけで数年前まで絶望しかなかった。だけど少しづつ信用出来る人達と知り合うことができた。今も闘いの最中だけど、俺は絶対にこいつらに勝ってやると思う今日この頃。クソ野郎ども、覚悟しときな〉などと溜まりに溜まった鬱憤を放出。ヒロシの言及する“クソみたいな人間”や“クソ野郎ども”が具体的に誰を指すのかは定かでないが、苦悩の日々を過ごしてきたことを感じさせる投稿となり、ファンからは「ヒロシさんの笑いで救われた人、たくさんいると思います」「ヒロシさんが自死しないで良かったです」との温かなリプライが寄せられた。

「ヒロシのような浮き沈みの激しい“一発屋芸人”とのくくりに入るタレントは、日々の稼ぎや仕事量によって事務所からの扱いや周囲の先輩・後輩からの接し方が変わってきたりするケースがあるため、病んでしまう芸人は多いです。また、ヒロシ以外にも、雨上がり決死隊の宮迫博之やブラックマヨネーズの吉田敬、さらには有吉弘行といった現在の売れっ子芸人たちも売れない時代のストレスの蓄積によって自死を考えたことがあると過去に告白しています。ブラマヨ吉田に関しては自死を真剣に考慮し、遺書を書いていたことも明かしましたからね。彼らの悩みの深さは周囲の想像を超えるものなのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、継続して活動することで“第2の春”を謳歌するチャンスがごく稀に与えられるのも、入れ替わりの激しい芸能界の特徴であり、細々と動画を投稿し続けているヒロシにも第2、第3のブレイクの波が来てもおかしくないだろう。

 いずれにしても、ファンにとってはヒロシが“最悪の決断”を実行に移さなかったことは幸いだったといえるだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ