芸能

「イッテQ」ヤラセ騒動で「TBS『モニタリング』現場がお通夜状態」証言!

 国民的人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の“ヤラセ騒動”が波紋を広げている。

 11月8日発売の「週刊文春」が報じた同番組の人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」における「デッチ上げ疑惑」は、今年5月に放送されたラオスの「橋祭り」が実在しないデッチ上げの祭りだとし、現地証言を交えて番組によるデッチ上げを指摘。さらに翌週号でも文春は昨年2月に同番組が放送したタイの「カリフラワー祭り」でも同様のデッチ上げが行われていたとして追及した。15日に日本テレビの大久保好男社長が謝罪し、“祭りコーナー”の休止を発表。そして17日の「イッテQ」では冒頭で謝罪コメントが読み上げられた。が、これにも一部で“騒動の本質”に触れていないなどの批判が寄せられた。また、BPO(放送倫理・番組向上機構)からも次回の委員会で、問題についての報告書の提出を求められてもおり、まだまだ騒動は沈静化しそうにないが、他局でも同番組の話題でもちきりのようだ。

「『イッテQ』の疑惑が報じられてすぐ『ヤラセ演出に関する注意喚起』のメールが上層部から回ってきましたよ」とはライバル局関係者。こう続ける。

「今後、あらゆる局の番組を巻き込んで、週刊誌とネットメディア主導で『ヤラセ狩り』の流れが生まれるのは確実だと見られている。現在、どの番組の関係者も『ウチの番組も告発されるんじゃないか』との危惧を強めているんです」

 中でも「危機感が最高潮に達している」のはTBS系で放送されている「モニタリング」のスタッフだという。

「『モニタリング』は“一般人を巻き込んだドッキリ”というコンセプトのため、もともとちょっとした演出でもヤラセ扱いされがちです。TBSの人間いわく『モニタリング関係者のムードは“お通夜状態”』とのこと。気の毒で仕方ありません」(前出・ライバル局関係者)

 はたして、騒動はどのような決着をみるのか。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」