芸能

宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(1)妊活中の2人の様子

 腕を差し出すだけで熟練のナースが採血してくれる血液検査。ならば他の検査も同様に、採取してくれるはず──。モテモテの男はそんな“医療行為”を期待していたようだが‥‥。

 11月中旬の平日、都内でも有数のオフィス街にある不妊治療専門クリニック。そこで前代未聞の「ハラスメント騒動」が勃発したという。

「一般の方でも何を勘違いしたのか、ナースに協力を求めてくるケースがごくマレにあるそうですが、まさか顔の売れた芸能人がそれを要求するとは‥‥」

 クリニックの関係者を絶句させた騒動の主は、今年3月に女優・宮沢りえ(45)と入籍した森田剛(39)だ。まずは受付ロビーで森田と鉢合わせた、クリニックの来院者が証言する。

「当日、午後の診療時間に来院してロビーに座っていました。小柄で痩せた男性が一人で来ているなと思って、よく見たら森田さんだったんです。マスクで顔を隠していましたが、帽子や眼鏡はかけていなかったので、意外とすぐに本人だとわかりました」

 このクリニックはオフィスビルの数フロアを占有し、受付までは専用エレベーターの利用が可能。何より患者の「通院しやすさ」を第一に考えた造りになっている。

「芸能人の方もよく来ると聞いていて、だったら安心だろうと思って自分も来院を決めたので、あまり驚きはしなかったです。森田さんは堂々としているというか、変にキョロキョロしたり、顔バレを気にしている様子ではありませんでした」(来院者)

 宮沢・森田夫妻の「妊活事情」については、これまでも報じられてきた。今年7月発売の「女性自身」は、都内の有名産婦人科に「極秘通院」する宮沢の姿をスッパ抜いている。スポーツ紙芸能デスクが語る。

「宮沢は、前夫との間に生まれた長女(9)にも愛情を持って接する森田に引かれて再婚を決意したと言われ、実際にその長女も森田を『パパ』と呼んで慕っています。もし子供ができても、連れ子に肩身が狭くなるような思いはさせないはず。そんな安心感もあって、周囲にも『彼の子供が欲しい』と公言するようになったそうです」

 また、2人の動向を探ってきた女性誌のジャニーズ担当記者によれば、

「実は入籍する前から、2人は妊活に励んでいました。宮沢はこの2年ほどは肉体的に負担の大きなテレビドラマは避け、映画やCMの仕事をメインにこなしてきました。昨年の秋に、宮沢が舞台を降板した際には、妊娠説が飛び交いましたが、結局はガセ情報だった」

 芸能界では昨年8月、女優の加藤貴子(48)が、現在の宮沢より1つ上の46歳にして第2子を出産している。私も愛する森田の子供を──というのは当然の願いだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス