女子アナ

「離婚」河野景子の芸能界復帰に「息子の今後」ともども“黄色信号”が灯った!

 12月4日発売の「女性自身」と「週刊女性」に、元貴乃花親方の花田光司と離婚した河野景子の記事が掲載された。前者には、11月27日に花田が情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演して離婚について語ったこと。9月25日に、花田氏が相撲協会に退職届を提出したことを河野は“ニュースで知った”とある。また、後者には、河野が自身の誕生日会でボロボロと涙をこぼしながら離婚の報告をしたとある。相撲協会からの退職も夫の独断だったが、河野としてはそれでも夫を支え続けていく覚悟をしていたのだとか。どちらの女性誌も河野擁護の内容だ。

 芸能ジャーナリストは「景子さんは自身を“悲劇のヒロイン”にしたいのでは」という。

「息子・優一の靴職人としての無責任さや女性関係などのスキャンダルが明らかになり、優一のタレント活動だけでなく、自身のテレビ復帰も危うくなってきていました。景子さんに講演依頼があったのも、相撲部屋の女将として、母親としてのバックグラウンドがあったからこそ。それが、女将ではなくなり、息子にはスキャンダルが発覚と、理想の妻、理想の母親像が崩壊してしまいました。彼女が主催する『ことばのアカデミー』は、コミュニケーション能力を学ぶ場。しかし、現状を見る限り景子さん自身にその能力が欠けていたととられても仕方がありません。夫から何も知らされなかったということは、裏を返せば話す必要のない存在だったとも言えますからね」

 景子・優一母子のタレント活動に、黄色信号が灯り始めたようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化