スポーツ

高校球界に怪情報!球数制限の導入是非は「貴乃花が決める」の声

 第三者にジャッジを頼むという意味なのか?2月20日、日本高校野球連盟(以下=高野連)は理事会を招集し、試合中における「投手の球数制限」の是非について議論する。100回目のメモリアル大会となった昨夏の甲子園大会で、金足農・吉田輝星投手(現・日本ハム)が881球を投じ、「投げすぎ。炎天下での登板過多は問題」と、日本中で議論が巻き起こった。

 こうした世論に対し、いち早く対応を見せたのが、新潟県の高野連だった。今年の春季大会に限定してだが、「一人の投手が1試合で投げられる投球数を100球に制限する」と決めたのだ。

「新潟県の決定に対し、高野連本体は否定的な見解を持っていると伝えられています。でも、『審議する』ということは、このままではいけないと思っているのでしょう」(スポーツ紙記者)

 新潟県も今春に限定したのは、制限を設けることで試合に影響が出るかどうかを確かめ、改めて議論する必要があると判断したのだろう。球児の健康に配慮するのは当然だが、投球数に制限を設ければ、投手の少ない高校、部員数そのものが少ない公立校は試合が成立しない危険性もある。したがって、「今回の理事会では何も決められない」と見る向きも強まっている。

 こうした高野連が抱えている問題に、夏の参議院議員選挙のウワサが重なってきた。

「元貴乃花親方の花田光司氏が噂通り出馬すれば、当選は確実。その後、文教委員会入りして角界を外部から叩くという図式になります。角界だけではなく、部活動の暴力指導問題にも着手しなければならないので、その一環で甲子園大会の球数制限にも触れることになりそうですよ」(政治部記者)

“野球素人”の花田氏が強行ジャッジを下すことになりそうだ。高野連は角界同様、クセの強い団体とも言われている。花田氏は甲子園の連投問題を解決できるかどうか。その前段としての参院選の出馬があるのかも含め、今後の展開が注目される。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然