芸能

「中林大樹を仕留めた」竹内結子に囁かれる中村獅童に続く“デキ婚”説の根拠

 中村獅童との離婚から約10年。所属事務所の年下後輩・中林大樹との再婚を発表した女優・竹内結子に、“連続デキ婚”が囁かれている。

「獅童とは、04年の映画『いま、会いにゆきます』の共演を機に急接近。当時の獅童には黒木メイサの影もありましたが、“いま、中に出します”とばかりに交際半年でデキ婚となった。獅童の不貞が原因で離婚しましたが、竹内にとって梨園の妻になる覚悟のないままの勢い婚であったことが、破局の遠因とも言われています。そんな経験から、今回は自分の思い通りになる年下男を“ロックオン”したのでしょう」(夕刊紙記者)

 獅童との間にもうけた長男の後押しもあっての結婚となったというが、本人の年齢的な焦りもあったようだ。

「当然、第二子をとの思いがあるでしょう。38歳という年齢を考えても、“仕込み”を急ぐ必要があります。というより、今回も“実はデキ婚ではないか”との可能性も囁かれています」(芸能記者)

 確かに、結婚発表時期が主演ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)の放送中というのは、どことなく不自然にも思える。

「普通であればドラマが始まる前か、終わってからでしょう。さすがに2回連続のデキ婚ではイメージがよくないと、まだ結婚時期と仕込み時期の“辻褄合わせ”がギリギリ間に合いそうなタイミングで、急いで発表させたのかもしれません」(前出・芸能記者)

 であれば、キレイなお顔立ちをしてかなりのヤリ手。今度こそ幸せになってほしいものだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」