芸能

お母さんなのに天使かよ!?佐々木希、ショートヘア公開に届けられた「賛辞」

 女優の佐々木希が3月9日、スタイルブック「希んちの暮らし」刊行記念トークショーを開催した。

 昨年9月に第1子である男児を出産以降初のイベント参加で、報道陣の前に立つのは約1年ぶり。スポーツ報知の報道によれば、佐々木は出産後にバッサリと切ったショートカット姿。ストライプのワンピースに身を包んだ姿は、相変わらずの美スタイルだったという。

「インスタグラムなどでショートヘアになった姿は公開していましたが、今回は報道陣の前で披露され、ファンにも書籍を直接手渡しましたからね。相変わらずの美しさに、会場も華やいだようです」(芸能ライター)

 ファンからは「ママになったとは思えないほど可愛かった。天使過ぎる」「美人はどんな髪型でも似合うよね」「旦那のアンジャッシュ渡部がうらやましすぎる」などの声があがっている。

 佐々木は翌10日には「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演。変わらぬ美しさにはスタジオ内でも嬌声があがったようだ。

「司会の上田晋也から髪を短くしたことを聞かれた佐々木は『切りました。生活がしやすくなると思って』と、笑顔でコメント。番組では佐々木が10年前に出演した時の映像も流されていましたが、21歳当時の佐々木は茶髪のポニーテール。短いスカートでひざ丈までのブーツという、当時のギャルファッション。上田は『こんなギャルだったっけ?』と驚いていました」(前出・芸能ライター)

 ネットでは「あの頃から美しさは本当に格別だった」「ギャル時代の佐々木希は本当に半端なかった」「昔も可愛いけど、今のほうが断然好きだな~」「お母さんになってもこの美しさは奇跡としか言いようがない」など、10年前も現在も負けず劣らず美しい、可愛いと評判があがっている。

 本当に美しい女性は若かろうと母親になろうと、ギャルだろうとキレイ系だろうと、ロングヘアだろうとショートヘアだろうと、結局すべて可愛いというところか。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性