芸能

ウソだと言って! 欅坂46長濱ねる、突然の卒業発表へのファンの「絶望ぶり」

 実質的一番人気のメンバーの突然の卒業にファンはただただ戸惑うばかりだ。

 欅坂46の長濱ねるが同グループから卒業することを3月7日に公式ブログで発表した。

 長濱は〈16年間 ぼんやりと歩いてきた自分にとってこの3年はとにかく走って走ってずっと閃光の中にいたような、そんな感覚で。記憶のどの瞬間を切り取っても眩しくて楽しくて幻みたいなのです〉と、欅坂に加入してからの約3年半を回顧。そのうえで、〈突然のお知らせになってしまうのですが、8枚目のシングルをもちまして私は欅坂46を卒業します〉と、先月27日に発売された8thシングル「黒い羊」を最後にグループからの卒業を報告している。

 開催が発表されている握手会についてはすべて参加する予定だというが、4月4日から6日まで大阪で行われるデビュー3周年記念ライブへの出演は未定とのこと。

「『黒い羊』のカップリング曲『Nobody』の歌唱メンバーに長濱は入っていたものの、なぜか『Nobody』のミュージックビデオには長濱の姿がありませんでした。また、1月下旬頃から長濱は自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』(ニッポン放送)を体調不良で休んでいた時期があったり、欅坂の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)で長濱の姿を最近見かけなかったこともあって、ファンの間では長濱を心配する声も上がっていました。ですから、まったく卒業の予兆がなかったといったらウソになりますが、ファンからすればまさかといった感じでしょう」(アイドル誌ライター)

 そんな長濱は欅坂屈指の人気メンバーということもあって、当然、ファンからは「ダメだ、頭が真っ白だ」「辛い…卒業を受け入れられない」「ねるがセンターを務める楽曲を一度でいいから見てみたかったな」などといった声が上がるなど、長濱の卒業にショックを受けるファンが続出している。

「17年に発売された長濱のファースト写真集『ここから』は累計発行部数20万部を突破。握手会人気も欅坂でトップクラスの長濱。ビジュアルは王道のアイドル系なものの、ゲテモノ食いを勢いよくやってのけたりと野生児的な言動が見られ、そこもいい意味でギャップがあり、冠番組での活躍も目立っていました。また、学力も欅坂で1、2を争うレベルでクイズ番組にもピンで出演していたりと、マルチな才能があっただけに、ただただファンとしては残念でしょう。もっとも長濱は親が反対したことで、欅坂の最終オーディションを辞退していましたが、最終的には最終オーディションが免除されて、他メンバーに遅れての欅坂入りしているという特別待遇があったことから考えても、長濱がいかに逸材だったのかは運営側がいちばん、痛いぐらいに感じていることでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 卒業後の進路については未定というだけに、今後の発表にも注目していきたいところだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡田監督も不満爆発!阪神「アレ」に立ちはだかる梅木球審「可変式ストライクゾーン」という抵抗勢力
2
9回二死走者なしからまさかの大逆転負けで見たヤクルト高津監督の「本性」
3
「丸亀カエルうどん」に上野樹里が疑念の声!「混入告発者」をめぐる「iPhoneプレゼント企画」との関係って…
4
ロシア・プーチン大統領がすがる「ワグネル」の残虐実態(1)刑務所を出て「料理人」に
5
「強制性交スキャンダル」西武・山川穂高の「娘を抱いてニッコリ」インスタ写真が痛々すぎて…