芸能

足立梨花、4年ぶりの水着姿を披露も「ヒップショットがない!」不満の大合唱

 タレントの足立梨花が、50周年を迎えるパルコの水着キャンペーンガールに起用され、約4年ぶりとなる水着姿を披露したのが、これに落胆の声が相次いでいる。

「3月7日に都内で開かれた発表会見に臨んだ足立は、『私は胸が小っちゃい』としたうえで、それをあからさまな言葉で形容したうえで、それでも、(撮影で着た)白の水着には本人いわく、『奇跡の』“渓谷”ができていると、自虐を含めつつも、ポスターの仕上がりに上機嫌の様子でした」(芸能ライター)

 発表されたポスターは2パターンで、ドール調に扮した足立が、それぞれ水面をバックに、上下オレンジのものと、上が白、下が水色の柄のセパレートタイプの水着を身に着けポーズをとっており、確かに小ぶりなバストながらしっかり“渓谷”ができている。

 しかし、どうやらファンが期待していた注目ポイントは少々違っていたようで、ネット上では〈足立の魅力は大きなヒップにあるというのに!〉〈後ろから撮った写真はないのか? あだっちーの胸かマジでどうでもいいんだが…〉と、とにかく“ヒップが見たかった”という意見が殺到したのだ。

「確かに足立といえば、水着グラビアを頻発していた時代、披露していた写真の半分以上が振り向きショットと言われるほど、まん丸で大きなヒップがトレードマークで、当時は小さなセパレート水着でアピールしていました。それだけに、今回のポスターにはガッカリしたファンも多かったに違いありません」(アイドル評論家)

 会見で足立本人も自身のことをヒップで『売らせていただいている」と、強調はしていたものの、やはり今や売れっ子。生々しくもあるバックショットは封印されたということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か