芸能

酒井法子が薬物事件後初の地上波テレビ出演に「ピエール瀧は何年後?」の声

 3月27日放送の「THEカラオケ★バトル~またそれやっちゃう?あの大ヒット曲、ご本人は何点出せるのかSP!~」(テレビ東京系)に酒井法子が出演。酒井が地上波テレビで歌唱するのは2008年4月9日に出演したNHK「SONGS」以来で、09年の薬物事件後初めてとなる。

 酒井はこの日、1995年4月期に放送された自身が主演を務めたドラマ「星の金貨」(日本テレビ系)の主題歌として大ヒットした「碧いうさぎ」を当時と同じく手話付きで熱唱。歌唱前には番組MCの堺正章から、出演オファーがあった時の心境を質問され「事務所の人も大喜びで。『地上波キター!』みたいな感じでした。(オファーが)嬉しかったので、頑張らせていただきたいです」とはしゃいでみせた。堺から「のりピー語はさすがにもう使わないでしょう?」と聞かれると、「今でも使います。私が『マンモスうれピー』というと(ファンが)喜んでくれて」とコメント。さらにのりピー語での意気込みをとリクエストされると「がんばるピー!」と笑顔で応じるひと幕もあった。

「酒井が登場したのとほぼ同時に、『のりピー』と『酒井法子』の両方がツイッターのトレンド入りを果たすほどの大反響となりました。ツイッター上には『のりピーやっぱ歌うまいわ』『46歳には見えない。若いしかわいい』『思わず聞き入ってしまった』といった称賛の声とともに、酒井の次に登場したのが諸星和己で、飛鳥涼ことASKAの作詞作曲による『パラダイス銀河』を歌唱したため、『酒井法子「碧いうさぎ」からの飛鳥涼作詞作曲/光GENJI「パラダイス銀河」という強烈コンボ』『酒井法子がテレビに出ているということは、ピエール瀧もほとぼりが冷めたら出てくることだろう』『酒井は地上波出演11年ぶり。ピエール瀧は何年後かな?』など、これまでに薬物騒動を起こしたASKAや光GENJIの元メンバー赤坂晃、ピエール瀧容疑者らを想起した人が続出したのもうなずけます」(女性誌記者)

「93.942」という高得点を出し「ギリプロ歌手」と認定された酒井。これをきっかけに、ピエール瀧容疑者と入れ替わるかのように、酒井のテレビ出演が増えることになるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!