芸能

決定!令和に語り継ぎたい「実写版ヒロイン」(3)上戸彩が「陰のあるキャラ」でハマリ役に!

 2次元の世界でのみ愛されてきたアニメキャラが、リアルな3次元映像で現れる!はたして、アイドルや女優たちが再現したヒロイン像は、いかなる採点を下されるのか?令和の時代も語り継いでいきたい平成の世に起きたミラクルを徹底検証!

     *

 上下に分けて公開されたのは、SFアクション大作の「GANTZ」(11年、東宝)で、夏菜は20歳で自死したものの、ガンツに召喚されて生まれ変わった岸本恵役を演じた。

「最初にマッパのまま転送されるシーンの衝撃!ヒップのラインがクッキリ見えた。肌着のラインがつかないように、数日前からノー肌着で過ごしたとは彼女の弁です。そのシーン以降も、光沢あふれる黒のガンツスーツ姿が艶すぎ」(アイドル評論家・織田祐二氏)

 たわわな胸元が役どころにドンピシャだった。

 続いてはアクション時代劇として、やはり正続編と2作公開された「あずみ」(03年、東宝)で、主役のあずみに扮したのは上戸彩。

「制作発表にも行きましたが、期待感の高さをひしひしと感じました。あの壮大な原作をどう実写化するのかと注目されました」(美少女研究家・高倉文紀氏)

 原作のあずみは、幼い頃より人を斬るために育てられた少女である。そこには、明るい笑顔などかけらもない。

「彼女の場合、デビュー間もない『3年B組金八先生』(01~02年、TBS系)での性同一性障害に悩む生徒役もそうですが、シリアスで陰のある役にこそ当たりが多い。本作ではボーイッシュな雰囲気とアクションのこなし方も含め、女優としての分岐点になったと思います」(前出・高倉氏)

 実は上戸はドラマで次々と「エースをねらえ!」(04年、テレビ朝日系)や「アタックNo.1」(05年、テレビ朝日系)で実写ヒロインに扮した。ただ、話題性や人気からいけば、やはり「陰のあるあずみ」に軍配が上がりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス