芸能

芸能界の「ご意見番」「人気司会者」通信簿(7)宮根誠司は隠し子騒動でコケた!

「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)が、同時間帯で不動の視聴率ナンバーワンだったのは、今は昔。現在では「ゴゴスマ」(TBS系)や、「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)に負ける日も出てきた。かつては、みのもんたや島田紳助にかわってテレビ界の新帝王への野望を隠そうとしなかった宮根誠司だが、「今はマスコミも宮根の動向にほぼ興味を失っています」(芸能記者)という。

「失速のきっかけとなったのは、2012年に“隠し子”の存在が明らかになったこと。数々の芸能スキャンダルを取り上げながら、自身のそうした問題の詳細について口をつぐんだままでは、歯切れも悪くなるし、視聴者の信用を失うのも当然の話です。16年3月に古舘伊知郎が『報道ステーション』を降板した際には、その椅子を狙う最有力候補として名前が上がりましたが、結局、それを最後に話題にのぼることもなくなりました。以降は、事務所の後輩の羽鳥慎一の株が上がるのと反比例するように、評価はダダ下がりですね」(前出・芸能記者)

 最近では、話題になったかと思えば「何!?VTR行くの?どっちやねん!」など、番組スタッフへの横暴なふるまいばかりという有様だ。

「そんな宮根に最初に“ノー”を突きつけたのは、最大の味方であったはずの関西のオバちゃんたち。実は、『ミヤネ屋』の視聴率は、地元関西の方からジリジリ下がり始めたんです」(夕刊紙記者)

 天下は目の前のはずだったのだが。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美