芸能

減らすほど胸大きくない! みちょぱ、「悩み」告白へ女性視聴者がツッコむワケ

 運悪く貧バスト女子たちも敵に回してしまったようだ。

 モデルのみちょぱこと池田美優が「噂の現場急行バラエティー レディース有吉」(フジテレビ系)に出演したのは去る4月16日放送回。バストにまつわる悩みを告白したところ、世間から思わぬ反響を集めてしまったようだ。

 この日の番組では「バストの噂を検証SP」と題した企画を放送。番組の中ではアカデミー賞女優のニコール・キッドマンが自慢のDカップを手術をしてAカップに、ヴィクトリア・ベッカムもEカップからBカップに変化させるなど、海外セレブの間ではあえて胸を小さくする“減胸”がブームとなっていることを紹介している。また、この日の出演者の1人であった鈴木は池田の胸を触ったことを明かしており、その感想として貧バストのイメージがあったとして、「すごくスレンダーだから…」と口にしたうえで、一転、実際には胸は「大きいんですよ」と発言、池田の胸が成長していることを暴露。胸が成長していることを暴露された池田だが、「これは最近悩みで。大きくなっちゃってきて、2、3年ぐらいで」と、ここ2、3年で胸が大きくなってきていることが悩みだと告白。

「私はやっぱりモデルとしてやりたい」と池田は主張し、本職がモデルだけに胸が大きくなってしまったことで、胸に視線が集まってしまうことに抵抗があるとも。どうやら本気で悩んでいるようで、今回の特集で減胸手術の存在を知ったことで、「手術で(小さく)できるならしたい」として、艶っぽく見えるのが「イヤなんです」と訴えたのだ。

 しかし、この池田の胸を小さくしたいという切実な悩みに対して視聴者からは「バストが目立つのが嫌って、そんな大層なモデルかよ」「そもそもそこまで大きくないだろ」、女性視聴者からは、「(貧バストな)自分にとっては嫌味にしか思えない」など、何故か批判的な声が多数集まっている。

「池田も話している通り、あまりに胸が大きすぎると胸に視線が集まってしまいますから、わかりやすい例で出すとパリコレに出演するようなモデルは胸が控えめな人が多いです。池田もモデルとしての意識の高さから日々、トレーニングをストイックに行っており、よくインスタグラムで割れた腹筋を見せたショットを公開して、絶賛を集めています。ただ、そこまであからさまに胸が大きいというわけでもありませんから、少し大きくなったぐらいで簡単に胸を小さくしたいと話していることに不快感を覚える女性視聴者も多かったようです。というのも、番組では世の女性が抱く胸にまつわる悩みランキングトップ10も紹介していましたが、胸が大きいのが悩みというのが第6位だったことに対して、胸が小さいのが悩みというのが堂々の第1位。ですから貧バストに悩む女性にとってはみちょぱの悩みが贅沢に感じられ、敵対視されてしまったこともあるんでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 これで本当に減胸手術をしたのであれば、本気で悩んでいたことがわかるが、口だけであれば嫌味にとらえられてしまっても仕方なしか?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!「楽曲提供」上白石萌音を悩ませる「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…