芸能

“平成ビッグカップル”の「令和」を占う!(3)石井浩郎&岡村孝子

 連休前の4月22日、歌手の岡村孝子が公式サイトで急性白血病と診断されたことを公表。これを受け、2003年に離婚した元夫で参院議員の元プロ野球選手・石井浩郎氏が、「今回の報道を聞いてショックを受けております」とコメントしたことが話題となった。

「マジメで実直な性格で知られる石井ですが、現役時のそんな野球へのマジメさが災いし、すれ違いが多くなり離婚に至ったと言われています。ケガをした石井が岡村の楽曲『夢をあきらめないで』に勇気づけられたことを、きっかけに石井からの熱烈な求愛の末に結婚をしていただけに、破局には驚きの声があふれました」(芸能レポーター)

 だが、この離婚が石井氏のせいばかりではないことも、のちにわかっている。

「01年に岡村の実父がホテル経営で15億円もの借金を作ったとされ、連帯保証人となっていた岡村がこれをこうむることになり、歌手復帰を果たしていました。そうした状況から、すれ違いやケンカの原因は岡村のほうにあったと見るのが自然で、むしろ言い訳をせずに沈黙を守った石井の男らしさこそイメージ通りだと、評価を上げましたね」(前出・芸能レポーター)

 とはいえ、実はこの石井氏の堅物イメージも、どうも怪しそうだという。

「現役時代は一時期、女子大生らとの合コンにハマっていたという話も伝わっており、当時は彼とレギュラーを争うライバル周辺から、そんな不確かな情報が何度かタレ込まれたことがありましたよ。いずれにしても、ああ見えて“オトコの部分”はしっかり持っているようです」(週刊誌記者)

 それもあってか、10年に参院選で初当選後、元フリーアナウンサーと何と3度目の結婚を果たしている石井。岡村も、病を克服し元気な歌声を披露してくれることを祈るばかりだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情