芸能

“平成ビッグカップル”の「令和」を占う!(4)福山雅治&吹石一恵

 放送中のドラマ「集団左遷!!」(TBS系)の評判がイマイチといったところの、福山雅治。

「2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』以来の香川照之や市川猿之助との共演が話題ですが、福山のハイテンション演技が振り切れず、見ていて気恥ずかしくなると不評です。初回視聴率は13.8%で何とか面目を保ったかたちですが、第二話以降は苦戦を強いられています」(テレビ誌記者)

 大コケとなった16年の「ラヴソング」(フジテレビ系)以来の主演ドラマで“視聴率男”の信頼を回復したいところだが、逆に昨今になって囁かれる人気下降ぶりを、より印象付けることになってしまうのか。

 そんな福山の芸能人生の大きな転機が、15年(平成27年)の女優の吹石一恵との結婚にあることは間違いない。その結婚は、多くの女性ファンが「ましゃロス」に陥るなどの社会現象を巻き起こすものだった。

「2人の出会いは01年。雑誌のカメラ企画での共演だったが、それから10年の時を経て、交際がスタート。写真誌が洗脳騒動でマスコミを騒がせていた中島知子の張り込みをしていたところ、同じマンションに住んでいた福山のもとを訪ねる吹石の姿が捉えられ、交際が発覚したんです。吹石への世の女性からの風当たりは強く、結婚により福山が所属するアミューズの株価が一時急落したことも話題になりましたね。そうした状況を気にしてか女優業は開店休業状態。“福山の妻”はかなりのストレスも想像されることから、子供がいながら離婚危機説まで囁かれているんです」(ワイドショー関係者)

 福山にとってはドラマ同様、結婚生活も苦戦を強いられているのかも。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」