社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<眼底検査>「脳梗塞や高血圧も!血管系の病変がわかる」

 健康診断の項目では、何の検査をしているのかわからないものもあるだろう。その一つが「眼底検査」だ。眼底は、瞳孔から入った光が突き当たる眼球の奥の部分にあり、網膜や視神経、網膜に栄養を与える動脈・静脈などから構成されている。

 つまり、眼底の血管には全身の血管の健康状態が反映されるため、眼底検査は、血管に関わるさまざまな病気を見つける手がかりにもなる。

 検査には、瞳孔を開く目薬(散瞳薬)を用いて、照明と観察レンズで医師が直接眼底を観察する方法と、眼底鏡や眼底カメラなどを使って画像を撮影する方法がある。最近では、散瞳薬を使わず眼底カメラで撮影する方法も増えている。

 では何がわかるのか。先述のように、動脈硬化や脳梗塞、高血圧、糖尿病など、血管と関係する全身の病気を推測することができるため、生活習慣病の検査としても用いられている。また、眼底出血や網膜剥離、視神経炎、黄斑変性などのさまざまな目の病気・症状まで発見できるのだ。

 特に重視されているのは、糖尿病の合併症で、悪化すると失明に至る可能性もある「糖尿病網膜症」の発見だ。この場合、レーザー治療や手術をしても視力改善は難しいため、眼底検査で早期発見・早期治療することが重要となる。

 さらに大きな役割を果たしているのが緑内障の発見である。緑内障は一般的には眼圧(目の硬さ)が高くなり、視神経を圧迫してしまうことで視野が徐々に欠けてくる病気だ。しかし、「NTG(正常眼圧緑内障)」といって、眼圧が正常であるにもかかわらず、緑内障となる人が日本人には多いため、眼底検査で視神経乳頭の状態を観察するのが肝心なのだ。

 さまざまな病気のサインを見つける「眼底検査」。健康診断や人間ドックなどで受診することをお勧めしたい。

田幸和歌子(医療ライター)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
4
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声
5
オードリー、生番組での「IKEAの椅子」破壊シーンは3億円の広告価値!?