芸能

はるな愛も…ほんこん、着服被害で気になる「芸能人の店が狙われる」理由!

 5月12日に放送された「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ)に、芸人のほんこんが登場。たこ焼きやおにぎり、花屋など数々の店を出店、プロデュースしてきた副業経験を語ったのだが、焼肉店の経営を手掛けた際の悲劇のエピソードが話題を呼んでいる。

「2008年に『ほんこん亭』という焼肉屋を出店し、スタートして2カ月目までは200万円の取り分があったそうですが、3カ月目以降はゼロになってしまったという。疑問に思ったほんこんが伝票を調べ業者に確認すると、料理長が領収書を偽造し毎月20万円を着服していたことが発覚。さらに、経理を担当していた店長の妻が裏工作をしており、夫婦で大金をくすねていたことも判明したというのです」(テレビウオッチャー)

 これにより「ほんこん亭」は閉店。被害額は開いていた4カ月で数千万円にのぼり、ほんこんは弁護士に相談したそうだが、店長夫婦と料理長はすでに行方不明。結局、泣き寝入り状態になりそうだという。

 この放送を観た視聴者からは同情の声とともに〈やっぱり芸能人が副業で店を出すとカモになる〉〈ほんこんは人がよさそうだしチェックが甘かったのでは〉といった、自己責任の声も上がっていたのだが、芸能人が自身が手掛ける店を巡るトラブルは結構多いという。

「オーナーが芸能人、しかも多くのを構えている場合、どうしても経理のチェックが甘いと思われがちですからね。副業で稼ぐ芸能人として有名な、はるな愛や千原せいじも、店員に数百万円持ち逃げされた過去を打ち明けています。せいじの場合は持ち逃げしたのが後輩芸人、今回も、ほんこんを慕っていた知人といいますから、まったく油断なりません」(夕刊紙記者)

 芸人の場合、まだネタになるだけましと言えるが、泣くに泣けない被害だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」