芸能

「あまりに『いだてん』と重なる」“悩めるクドカン”コーヒーCMの裏側!

 5月19日放送が前回と同様、平均視聴率が8.7%だったNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」。4月28日の放送でついに大河史上最低の平均視聴率7.1%を記録し、5月5日の第17回放送も7.7%と微増にとどまってその後もひとケタ行進が続いている。

 NHKサイドも定例会見で「特効薬があったら逆に聞きたい」とお手上げ状態だが、その一方でますます視聴者の間で話題になっているのが、4月5日から流れ始めた「いだてん」の脚本担当の宮藤官九郎が出演する缶コーヒーのCMだ。

「タクシー運転手に扮するビートたけしと、客として乗車する宮藤がやりとりするCMですが、宮藤が仕事が進まず悩んでることを吐露する。それが大河の低視聴率と重なり、リアルそのものなんです。ネット上でも《クドカンの自虐ぶりが真に迫っている》《現実と合い過ぎてるがいつ撮ったんだ?》などと、驚きの声が上がっていますよ」(夕刊紙記者)

 確かにCMの中で、溜息混じりに「現実から逃げます」「けっこう頑張ったんだけど、書けなくて」と打ち明けるセリフの内容は、完全に「いだてん」のことを言っているのだと思ってしまうが、ある広告代理店関係者はこう明かす。

「タイミング的にラッキー以外の何ものでもありません。このCMは出演オファーが昨年の秋で、撮影自体は今年1月でしたからね。宮藤もまさか、自分が書いたドラマがここまでひどい数字を出すとは思ってもいなかったはず。ただ、あまりに不安げな演技を見るにつけ、予感めいたものがあったのかとも思ってしまいます」

「いだてん」の視聴率にスパートがかかる日は来るのか。

(津田昌平)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”