芸能

ロンハーで批判殺到の西野未姫、実は生き残りに必死だった!?

 6月11日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)にて、元AKB48の西野未姫が同期メンバーからの批判を浴びまくった。この日は「~もう一度花咲かせたい!~元AKB48だらけの非公認運動会」と題して、25名の元AKBメンバーが集結。ここで西野は、5期生の内田眞由美がオーナーを務める「焼肉IWA」で1年間アルバイトするも、本業が忙しくなったことでバイトをお休みしていると告白した。

 すると同期でバイト仲間の橋本耀が、西野が休んだ分のシフトに入っているとクレーム。さらに同じく同期の前田美月は、「朝、あいさつしても全然返してくれなかった」と西野の態度を暴露した。それらの声に必死の弁明を見せていた西野だが、その姿にアイドル誌のライターは「感心した」と前置きして、こう語る。

「そもそも西野が今回の運動会企画に参加していたこと自体が驚きです。彼女はそのオーバーリアクションが受け、最近はバラエティ番組で売れっ子になっています。4月6日には人気タレントの証と言える『オールスター感謝祭2019春』(TBS系)にも出演しているんです。それゆえ、ロケで終日拘束される今回の企画など断ってもよさそうなものですが、彼女自身も事務所側も仕事を選んでいる状況ではないと判断したのでしょう」

 MCの田村淳によると、今回の運動会企画では70人の元AKBメンバーに出演交渉し、25人のみが出演。つまり45人は、他の仕事を選ぶなどして出演を断ったことになる。その状況で、売れっ子の西野が出演したことには大きな意味があるというのだ。

「女優では何人ものメンバーが活躍している元AKBメンバーですが、バラエティタレントでは指原莉乃を別格とすれば、西野以外にこれといった成功者がいないのです。それに対して、アイドルグループとしてAKB48に遠く及ばなかったアイドリング!!!は菊地亜美と朝日奈央という二人の人気者を輩出。この状況を見れば、元AKB48という肩書はバラエティの世界では決して武器にならず、あくまで自分の力で切り開く必要があることを痛感したのでしょう。そんな生き残りを懸けた危機感が、西野に今回のロンハー出演を決断させたのではないでしょうか」(前出・アイドル誌ライター)

 なお、元2期生の野呂佳代は今回の出演オファーを断ったという。あくまでスケジュールの都合かもしれないが、西野のほうが売れている状況にも納得がいきそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは