芸能

スーパー東大生の「奔放すぎる下半身」に向けられた批判・中傷・ヤユの飛沫

 6月13日発売の「週刊文春」が、話題のスーパー東大生が起こした女性トラブルについて報じている。

 その人物は、河野玄斗氏。日本最難関と呼ばれる東大医学部6年生で、医学部でありながら21歳の時に司法試験に合格。「第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」では応募者17293人の中からベスト30にランクイン。麗しいルックスと類まれな秀才ぶりで、クイズ番組に出演しては好成績を残していた。

 そんな河野氏が、20代後半の女性タレントを妊娠中絶させていたというのだ。「週刊文春に告白した女性によると河野氏と出会ったのは昨年春の飲み会でのこと。その日のうちに関係を持ち、妊娠を避けることをしないまま中に出されたのだとか。翌日、産婦人科でピルを処方してもらったものの、後日妊娠が発覚。女性は産みたい旨を河野氏に相談したところ『今はまだ脳が発達していないから生きているものではない』『悲しいとかの感情があるわけじゃない』などと言ってのけ、結局中絶することになったのだそうです。手術後、女性は体調を崩しPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断され、河野氏には『新しい彼女ができた』と別れを切り出され‥‥。最後にもう1度会うことになった場にも河野氏は現れず、女性が思わず死をほのめかすと、事態は警察沙汰に。あたかも女性がストーカーであるかのような対応を受けたのだそうです」(芸能ライター)

 このてん末に、ネット上には河野氏に対するコメントが多数書き込まれた。

「『あっちのほうはインテリジェンスじゃなかった』『司法試験も妊娠も1発ってスゲエ』『勉強と同じくらい貞操観念学べよ』『目立てば身辺調査される世の中なのに甘いなあ』など、批判、中傷、ヤユが多数書き込まれています。また、河野氏が過去に女性からお金を無心する『ママ活』をしていたとされるやり取りや、女性のバストをこよなく愛していると思われる“性的欲求強め”な書き込みもさらされていますよ」(前出・芸能ライター)

 はたして河野氏はどんな医者になろうというのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(下)結婚で明石家さんま芸能界引退!?
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
4
“若い時から”の声も… 工藤静香、「シワが増えるわ」の自虐発言に暴言の嵐
5
木村拓哉「東京フレンドパーク」出演でまた指摘された「成長しない」大欠点!