芸能

スーパー東大生の「奔放すぎる下半身」に向けられた批判・中傷・ヤユの飛沫

 6月13日発売の「週刊文春」が、話題のスーパー東大生が起こした女性トラブルについて報じている。

 その人物は、河野玄斗氏。日本最難関と呼ばれる東大医学部6年生で、医学部でありながら21歳の時に司法試験に合格。「第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」では応募者17293人の中からベスト30にランクイン。麗しいルックスと類まれな秀才ぶりで、クイズ番組に出演しては好成績を残していた。

 そんな河野氏が、20代後半の女性タレントを妊娠中絶させていたというのだ。「週刊文春に告白した女性によると河野氏と出会ったのは昨年春の飲み会でのこと。その日のうちに関係を持ち、妊娠を避けることをしないまま中に出されたのだとか。翌日、産婦人科でピルを処方してもらったものの、後日妊娠が発覚。女性は産みたい旨を河野氏に相談したところ『今はまだ脳が発達していないから生きているものではない』『悲しいとかの感情があるわけじゃない』などと言ってのけ、結局中絶することになったのだそうです。手術後、女性は体調を崩しPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断され、河野氏には『新しい彼女ができた』と別れを切り出され‥‥。最後にもう1度会うことになった場にも河野氏は現れず、女性が思わず死をほのめかすと、事態は警察沙汰に。あたかも女性がストーカーであるかのような対応を受けたのだそうです」(芸能ライター)

 このてん末に、ネット上には河野氏に対するコメントが多数書き込まれた。

「『あっちのほうはインテリジェンスじゃなかった』『司法試験も妊娠も1発ってスゲエ』『勉強と同じくらい貞操観念学べよ』『目立てば身辺調査される世の中なのに甘いなあ』など、批判、中傷、ヤユが多数書き込まれています。また、河野氏が過去に女性からお金を無心する『ママ活』をしていたとされるやり取りや、女性のバストをこよなく愛していると思われる“性的欲求強め”な書き込みもさらされていますよ」(前出・芸能ライター)

 はたして河野氏はどんな医者になろうというのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ