芸能

「どの口が言うのか!」宮根誠司、堀尾正明の不貞疑惑への擁護で“大自爆”

 6月20日発売の「週刊新潮」で、50代美女の自宅での“お泊り”を報じられた、元NHKのフリーアナ・堀尾正明。

 同日には自身がコメンテーターを務める「ビビット」(TBS系)の生放送で、目を充血させながら「許容範囲を超えた行動で、不快な思いをさせてしまったことに言葉もありません。申し訳ありませんでした」と懺悔した。

「番組では堀尾の妻のコメントも紹介していましたが、『今回ばかりは優しさの度が過ぎてしまったのかもしれません』と苦言を呈しつつ、堀尾について『困っている人を放っておけない性格』『心の優しい懐の深いところが彼の一番の魅力』と最大限にフォローしていましたね。これで騒動はひと段落ついたと言えるのでは」(芸能記者)

 とはいえ、記事によれば相手の女性はモデルとしても活躍する50代の女性で、幼い子どもを抱える未亡人。女性も堀尾も不貞関係については否定しているが、6月に入り“3週間で4泊”していたことも伝えている。そのため、今後の世間の風当たりはかなり強そうだが、一方で今回、その発言によってとたんに突風が吹き荒れたのが、宮根誠司だ。

「堀尾の不貞疑惑を『ミヤネ屋』(日本テレビ系)でも報じ、宮根は『堀尾さんは、そういう関係ではないとおっしゃってるわけですから、それ以上でもそれ以下でもないという気もしますけど』『こういうお友達の関係も、ある程度年齢を重ねてくるとあるのかなぁ、ないのかぁと思ってしまいます』と、堀尾へのフォローとも思える発言をしたんです。これにネット上は、堀尾をよそに《どの口が言うのか!》《聞くに耐えない》といった批判の声が一斉に上がっていました。宮根は17年、現在の妻と交際中に別の女性との間にできた、隠し子の存在が報じられており、視聴者にはその印象と不信感がいまだ強く残っているのでしょう」(夕刊紙記者)

 堀尾も、そんな宮根に擁護はされたくないだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス