女子アナ

TBS宇内梨沙、片方のE胸がVネックから「チラっと見え」に視聴者クギ付け!

 やはり“ポスト宇垣”は伊達ではない?

 TBSの宇内梨沙アナ、日比麻音子アナが去る6月16日放送の同局の情報番組「Nスタ」で、東京五輪のボート・カヌーの会場でボート競技をロケリポーターとして体験する模様が放送されたが、まさかの「艶アクシデント」が見られ、女子アナファンの間で注目を集めている。

 宇内アナはピンク色、日比アナは水色のVネックシャツを着用して競技を体験。宇内アナは襟元にピンマイクを付けていたこともあって、胸元も見えやすい状態になっており、そんな中でボートを漕ぐシーンでは全身をつかって漕ぐあまり胸の片方がチラッと見えしまう事故映像が見られている。

 そのため、視聴者の視線は躍動するバストに釘付けになってしまったようで、女子アナファンからは「顔も可愛いのに、バストも大きいって最高だな」「日比アナもデカいな」などといった興奮気味な声が上がっている。

「大学時代にはミス慶応に選ばれており、整ったルックスの宇内アナですが、ボディは細身でありながら、実はバストは大きめ。そのバストは推定Eカップとも言われており、女子アナファンの間では3月いっぱいでTBSを退社した宇垣美里アナに次ぐ極上ボディと注目され、“ポスト宇垣”の呼び声も高いです。予期せぬ形でそのバストがお目見えとなり、ファンとしてはラッキーに感じていることでしょう。また、日比アナはチラリこそ見られていないものの、こちらも意外にバストは大きめだったこともあり、ピチピチのTシャツ姿に熱視線が送られていたようですね」(エンタメ誌ライター)

 今後も「アクシデント」に臆することなく、体当たり取材に挑んでほしいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性