芸能

「いだてん」大河ワースト更新でも見ないと損する“3つの理由”

 視聴率低迷が騒がれるNHK大河「いだてん」。6月23日放送の第1部最終回は7.8%と前回から約1%ほど盛り返しての折り返しとなった。

 NHK関係者が安堵の声をあげる。

「綾瀬はるか、役所広司、生田斗真、大竹しのぶなど、前半で活躍した主演級の俳優たちが続々と登場して見せ場を作ることで、にぎやかなうちに締めくくることができた。6月9日には大河ワーストの6.9%を記録し、“危険水域”とまで報じられましたが、さすがに数字は底打ちして上昇機運にあります。このまま第2部へうまくバトンをつなげれいいんですが…」

 とはいえ、ここまで計24回の平均視聴率はなんと8.6%。これまでの最低平均視聴率を記録した2015年の「花燃ゆ」の12%をも、さらに大きく下回る惨状なだけに油断はできない状況に変わりはない。

 芸能デスクが解説する。

「ここまで低視聴率となった原因の1つが、主人公が無名すぎるというもの。日本人初の五輪マラソン選手で、日本マラソンの父とはいえ、金栗四三の名前は歴史的にもあまりにもマイナーすぎた。さらに、第2部の主演は、オリンピックを東京に招致するのに尽力した田畑政治と、さらに地味です。いくら、民放ドラマのようにスポンサーが視聴率を問題にしなくても、これだけ低空飛行が続けば責任問題に発展することは確実でしょう」

 しかし、第2部には見逃せない要素がテンコ盛りなのだという。

「種目はマラソンから日本のお家芸・水泳に変わります。女性初の金メダリスト、『前畑ガンバレ!』の名実況で知られる前畑秀子を上白石萌歌がピチピチ水着姿で再現するのが見ものです。また、2.26事件、第二次大戦など歴史好きな大河ファンにはたまらないエピソードも描かれます。さらに、30日放送からは今年3月に亡くなった萩原健一が高橋是清役で出演します。ショーケンの遺作を見るだけでも価値があるはずです」(前出・デスク)

 第2部からでも遅くない!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声