芸能

「焼き鳥大好き」芸能美女が見せた酔いどれ姿(1)鶏肉が苦手だった米倉涼子だが…

 高たんぱく低カロリーで超ヘルシー。そんな評判も手伝って、芸能美女の間で焼鳥が大ブームに。名だたる女優が男との「焼鳥デート」をスッパ抜かれたかと思いきや、新進のモデル女優がテレビで赤ちょうちん通いをカミングアウト。アツアツジューシーな酔いどれ姿に一気にかぶりつけば──。

「大手チェーン『鳥貴族』の六本木店では、テレビ朝日の女子アナや若手タレントが頻繁に目撃されています。4月には、タレントの重盛さと美(30)が庶民的な店で串焼きをほおばる写真をインスタにアップ。ファンの間で大反響を呼びました」

 芸能評論家の平田昇二氏がこう語るように、かつてはオヤジの聖地と呼ばれた焼鳥屋に、芸能美女が続々と進出。常連客たちを驚かせているという。

 そんな芸能界の「焼鳥ブーム」を牽引するのが東京・麻布十番にある名店「S」だ。米倉涼子(43)の大のお気に入りとして知られているが、

「米倉がテレビ朝日の関係者に連れられて初めて来店したのは、4年ほど前。当時は鶏肉が苦手で、そぼろくらいしか口にしなかったんです。でも、それから徐々に慣れていって、通い始めて2年くらいたった頃には、お任せのコースをぺロリと平らげてしまったとか」(テレ朝関係者)

 米倉が鶏肉嫌いを克服した17年といえば、秋クールの主演ドラマ「ドクターX」(テレ朝系)の第5シーズンが放送され、20%超えの平均視聴率をマークした。

「米倉が絶賛したのはコラーゲンたっぷりのスープ。『これで明日もツヤツヤかなぁ』なんて喜んでいましたよ。だいぶ前から冷え性に悩まされていたのですが、この店に通うことでかなり改善されたとか。そのシーズンの『ドクターX』は従来よりも白衣の丈がずいぶん短くなったと記憶しています。実はこのお店、名物店主が大病を患ってしばらく休業していたんですが、最近になって営業再開したようで、米倉もホッとしていると思いますよ」(テレ朝関係者)

 今秋放送の「ドクターX」ではさらに進化した「もも肉」を見せてくれそうだ。

 この店のファンは米倉だけではない。常連客の業界関係者が声を潜める。

鈴木京香(51)が女性マネージャーと一緒に来店していましたよ。よほど気に入ったのか、それからしばらくして交際中の長谷川博己(42)を連れてきたみたいですね」

 さらに週刊誌のベテランカメラマンが明かすには、

「ここは定番の張り込みスポット。最近では菜々緒(30)と菅田将暉(26)の密会デートが撮られました。また、篠原涼子(45)が夫の市村正親(70)と子供を連れて来店したことも」

 気になるお値段だが、お任せで1人1万5000円は下らないとか。

「高額なうえ、完全紹介制で、常連の紹介がないと予約も取れません。店主は頑固で、撮影禁止など店のルールに従わない客は容赦なく出入り禁止にすることで有名。チャラチャラした言動が気に入らないという理由で、石田純一(65)に出禁を言い渡した、なんて話もあります」(業界関係者)

 名だたる芸能人が通うだけに、敷居は高そうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ