芸能

遠野なぎこに「ただの痛い人」と痛烈批判された浜崎あゆみ株の「大暴落度」

 7月31日、遠野なぎこが「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演し、8月1日に発売された浜崎あゆみへの取材を元にノンフィクション作家の小松成美氏が書いた小説「M 愛すべき人がいて」の中で、浜崎がエイベックスの松浦勝人会長との過去の交際を暴露したことについて、「ただの痛い人になってしまった」と痛烈に批判した。

「『M 愛すべき人がいて』は、小説という体裁を取っているため、どこまでが事実かは不明ですが、松浦氏との交際は実名で書かれており、交際する中で『M』や『Boys&Girls』などヒット曲の歌詞が作られたことも明かしています。これに対し、番組で『10代の時にまだ彼女が歌でブレイクする前に、連ドラでずっとご一緒してた』という遠野は、『単純に話題作りなのかなと。周りの事とか自分の事も見えない、ただの痛い人になってしまったなっていう印象で残念』と厳しい言葉を投げかけました」(テレビウオッチャー)

 ネットでは、〈過去の恋愛を暴露しないと注目されない。浜崎も落ちたもんだ〉〈40歳のおばさんが54歳のおじさんと過去に肉体関係にありましたって聞かされても、マジで興味がわかないんだが〉など、かなりきつい表現で、賛同するコメントが多く見られた。

「浜崎は『M 愛すべき人がいて』について『自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました』とコメントしていますが、なぜ今、わざわざ所属する音楽事務所の会長との過去の恋愛を暴露する必要があるのか。確かに話題作りにしか思えません」(芸能レポーター)

 むしろこの本で「身を滅ぼす」ようなことがありませんように。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!
5
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然