芸能

浜崎あゆみが鳥山明のイラストを改変利用「被災者に対する冒涜」の声が上がったワケ

 これは鳥山明氏に対して失礼であり、被災者への冒涜なのではないか。そんな指摘が歌手の浜崎あゆみに上がった。

 漫画「ドラゴンボール」の作者で、3月1日に急性硬膜下血腫で亡くなった鳥山氏の追悼ステージを作ったと、浜崎は3月17日のインスタグラムで報告した。

 浜崎は実写版「ドラゴンボール・エボリューション」の全世界共通テーマソング「Rule」を担当。その関係で鳥山氏とは親交があり、あゆを描いた直筆のイラストを贈られている。

 追悼ステージはそのイラストを中心に、漫画「ドラゴンボール」のカットや、アニメ「ドラゴンボールZ」のイラスト、「Dr.スランプ」の漫画カットやアニメの絵がモニターに映し出されている。

 浜崎は「#忘れることもできる#忘れずにいることもできる#けれど#忘れられないことがある#鳥山明先生ありがとう」とハッシュタグを付けて投稿し、「これをステージでやってしまう、このチームのこーゆー人間臭い生き方が、このロングランツアーをここまで導いてきたんだと感じる」と、チームあゆを自画自賛した。

 ファンは「鳥山先生への愛を感じます」「こういうことができるあゆ素敵」と絶賛の声を送っているのだが、まったく違った見方をする人もいる。漫画「ドラゴンボール」の関係者は、怒りをあらわにする。

「鳥山先生を追悼するのに、アニメを使っていることにまず、違和感を覚えました。鳥山先生は漫画家ですから、漫画のカットだけを使うのが当然。アニメを使ったことで、鳥山先生をあまり理解していないのかなと感じます。しかも、自身の絵を中央にもってくるのはどうでしょうか。真ん中にすべきは、鳥山先生の自画像では。これでは鳥山先生を利用して話題作りをしていると捉えられても、仕方がないと思います」

 さらにステージで使われているイラストにも、問題があるという。それはあゆのイラストの下にある、筋斗雲に乗った孫悟空と則巻アラレのカットだ。先のドラゴンボール関係者は、

「このカットは2011年の東日本大震災の時に、被災者を元気づけようと、鳥山先生が描き下ろしたものです。商業目的ではなく、被災者のために描かれたイラストなので、関係者の間でも取り扱いには細心の注意が払われています。それなのに浜崎さんはなぜ、こんなに簡単に使っているのか。イラストの左下には被災者への手描きの励ましのメッセージが入っているのですが、ステージでそこはカットされています。先生が被災者のために送ったものを、自身のステージでそれを隠して使うのは、先生と被災者の両方に対する冒涜だと感じました」

 そして最も許せないのが、鳥山氏のこの絵を改変したことだという。

「悟空とアラレちゃんにフキダシが付いていて、『がんばれーっ!!』という鳥山先生の手描きのセリフが描き込まれています。ところが浜崎さんのステージでは、『ありがとー!!』に書き換えられている。手描きである以上、これはただのセリフではなく、イラストの一部。それを描き換えるなんて、信じられません。先生の絵に対する愛とリスペクトがない人が追悼だなんて、腹立たしいことこの上ないですね」(前出・ドラゴンボール関係者)

 天国の鳥山氏がこれを見たらどう思うのか。ドラゴンボールを使って聞いてみたいものだが、

「先生は描いた漫画や絵には無頓着で、かつては返却された原稿がガレージにほこりだらけになって山積みにされ、紙の裏に当時まだ小さかった息子さんが落書きをしていた、なんてこともありました。それを知った編集者が慌ててお宅にうかがい、整理整頓して厳重に保管したそうです。そんな人柄ですから、浜崎さんがこのような使い方をしても気にもかけないのかもしれません」

 とはいえ、偉大な才能に敬意を払ってほしいものである。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」