芸能

ビートたけしの名言集「誰かしら入院したら非常識なことをする」

 以前、ダンカンさんのお母様が亡くなられ、お通夜への出席を表明した殿が、「じゃーよ、バスでも貸し切って、軍団と宴会がてら、ワイワイやりながらダンカンとこのお通夜に行くか!」と言い放って、そのとおり実行したエピソードを書いた際、文芸評論家の杉江松恋さんが〈非常識と怒ってはいけない。芸人の常識は、世間の非常識だから〉と、解説をしてくれたことがありました。そうです。殿とその弟子の我々「たけし軍団」は、まったくもって世間様とはずれまくっている、はっきりと非常識を好む、実に不謹慎な団体なのです。そんな殿や軍団は「誰かが入院した」と聞くと、何かしら非常識なことをせずにはいられません。

 過去には、井手らっきょさんが喘息で入院した際、お見舞いにやってきた殿が、井手さんにバレないよう酸素吸入器のチューブをずらし、酸素の代わりにタバコの煙を送り込んで殺しかけたことがありました。

 また、三又又三さんが入院した際、見舞いにやってきたダンカンさんは、三又さんが検査で部屋を留守にしている間、個室の病室に、天井から吊るすタイプの“赤ちゃん用ガラガラおもちゃ”を勝手にセットし、さらに、なぜかつがいの十姉妹が入った鳥カゴを枕元に置き、黙って帰ってきたこともありました。

 で、ここからが本題です。

 7月の頭、TBS系の殿の番組の作家をしている、〆さばアタル兄さんが、頭痛を訴え病院に行くと、そのまま緊急入院となり、諸々あって1カ月程入院をすることになりました。

 で、先ごろ、すっかり元気になり退院と相なったのですが、アタルさんが入院していた間、殿が発した“頭ネタ”が、やはり不謹慎で最高でした。

 まず、わたくしが「殿、アタルさんが頭の病気で入院されました」と、わざと頭を強調して報告すると、殿はすかさず、

「頭? なんだ、あいつはロボトミー手術でも受けるのか?」

 と、今では禁止になっている“言うことを聞かない人間の脳の前頭葉を切断しておとなしくさせる、悪名高き人権無視な手術”名を例に出してふざけだすと、もうそこから先は、

「あいつ、退院したら芸名をロボトミー・アタルに変えるか?」

 だの、ロボトミー手術を世に知らしめた映画「カッコーの巣の上で」をもじり、

「やっぱりあいつの芸名は、カッコーのアタルだな」

 等々、とにかくノリノリでふざけだしたのです。

 そして1カ月がたち、「殿、アタルさんが明日退院です」と報告すると、

「あいつが退院して、TBSに来ないで、全然関係ない日テレのほうに行っちゃったら、もう無視してほっとこう。もし、TBSにちゃんとたどり着いたなら、ロボトミーでおとなしくなってても、そこは見て見ぬふりをして、また今までどおり付き合ってやろう」

 と、提案したのでした。世間の皆様、しつこいようですが、くれぐれも怒らないでください。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ