エンタメ

伝説のパチプロ集団「梁山泊」25年目の真実(3)いきなり蛍の光が流れて閉店

 兵庫県内のパチンコホールもあらかた打ち尽くし、次に向かった先が大阪府。そこで一匹狼タイプのパチプロ・大野と知り合いました。私たちが連チャンさせている中に交じって、彼もドル箱を積んでいたのですが、どうも私たちとは、やり方が違うんです。

 彼はランプではなく、BGMでモード移行を看破していました。聞けば「目立たないように1日4万円ほど儲けたらヤメる」と。それで「合法的な攻略法だからこそ、堂々と一緒に打たないか? 信用のできる仲間を誘ってうちに来ないか?」と、声をかけました。

 その結果、大野を含む「大阪グループ」の4人が加わり、先乗りの偵察部隊の2人を交えて、総勢14人のパチプロ軍団「梁山泊」が結成されました。

 ちなみに「梁山泊」という名前は、それから数カ月後に私たちを取材してくれた出版社の編集長さんが名付けてくれました。最初から意図して攻略軍団を作ろうとしたわけではなく、自然発生的に生まれたところも「梁山泊」という名前は私たちにピッタリでした。

 こうして、ランプとBGMの2つの攻略方法を操るメンバーが出会ったことで団結力も芽生え、仲間割れをすることもなく、4年間をかけて全国制覇を成し遂げられました。

──

 ただ、いくら合法的な攻略法とはいえ、店側は黙って見ているわけではなかった。当時のニュース番組で店員と乱闘寸前の映像が流れるなど、店側も抵抗していたのだ。

──

 中には一人で60連チャン以上させても黙って打たせてくれるホールもありましたが、そうしたケースはマレでしたね。ほとんどのホールがさまざまな方法で嫌がらせをしてきました。

 台にライターなどを置いて客がいるように見せかけて座らせなかったり、いきなり蛍の光が流れて閉店したり。その日の売り上げを捨ててでも私たちに打たせないわけですから、敵ながらアッパレですよね(笑)。

 でも、私たちも黙って帰るわけではありません。偵察部隊が春一番の台数や稼働率、従業員の人数やサービスぶり、ホールの雰囲気など、事前に下見をしていましたので、すぐに他のホールへ移動して稼いでいました。

 こうして別の地域に移動したと見せかけて、後日、追い出されたホールに戻って稼いだり、まさにホール側との駆け引きですよね。

 大阪グループも一緒になった頃は、2組に分かれて打つようになっていました。事前に「明日、行く」とホールに伝えておいて、系列店にもう一組が行く。系列店のほうは警戒心が薄れているので、それだけ打ちやすくなるわけです。

 そんなホール側との攻防戦でいちばん困ったのは、「電源切り」ですね。いきなりパチンコ台の電源を切るわけです。これはれっきとした違法行為ですから、私たちは体を張って阻止するわけですよ。

「コラッ、何しとんねん!」

「うるさい。黙ってろ!」

「違法やろ!」

 そうした店員と私たちの罵声が飛び交う中、お互いに手は出しませんが、取っ組み合い寸前になります。

 中には「ゴト師が来ている」と、警察に通報するホールもありましたが、私たちは違法行為をしているわけじゃないので、警察は介入できません。「責任者同士で話し合ってください」という、お決まりの文句で幕引きを図るわけです。

 そこで私が店長に「○時から○時まで」「二度とこのお店には来ない」といった交渉をして、打たせてもらいました。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!