芸能

美人姉妹「色香アップ現場」をスッパ抜く(3)土屋太鳳は姉をライバル視?

 さて、批判を乗り越えて芸能界に旋風を巻き起こしているのが、土屋太鳳(24)、土屋炎伽(ほのか)(27)姉妹。姉妹に近い芸能関係者が明かす。

「9月11日に炎伽が『ミス・ジャパン日本大会』でグランプリを受賞したことに対し、ネット上で『出来レースではないか』と批判が相次いでいます。姉妹ともに、かなり心を痛めているんですよ」

 だが、痛烈な批判を浴びても炎伽の「芸能界入り」の意志は固いという。

 受賞後のインタビューでは「簡単に芸能界に入りたいという気持ちはない」と語っていたが、それはあくまで謙虚さを装ってのもの。今後、女優として大成するプランについてもしっかりと練られていた。

「彼女は現在27歳で遅いデビューとなるため、太鳳のように清純派で売る時間的余裕がありません。ハードな濡れ場もいとわない体当たり女優として芸能界の頂点に駆け上がっていく決意です。ラブシーンに強い女優として売り出し中のフリーアナと重ねて、これを『田中みな実作戦』と呼ぶ声もあります」(芸能関係者)

 姉妹同時ブレイクも時間の問題とみられているが、太鳳の心情はいささか複雑なようだ。

「プライベートでは仲のいい姉妹ですが、ここにきて太鳳による姉へのライバル視がハンパないんです。先日、テレビで姉妹の共演企画が立ち上がったのですが『太鳳サイドが断った』と業界内で話題になりました」(芸能関係者)

 そんな姉への対抗意識から、太鳳の行動に変化が起こるほどで、

「大人の色気で姉に劣る太鳳は最近、自身のインスタグラムをセクシー路線に変更したんです。バストを強調した画像や、パツパツのジーンズを股間に食い込ませた際どい画像を連日投稿しています。また、彼女が最近始めたという『股割りトレーニング』も、体の柔らかさでかなわないチアリーダーの姉を過剰に意識してのことだと言われていますね」(芸能関係者)

 一流姉妹は何かと意識し合うものである。

 お次も話題性に事欠かない。有村架純(26)と有村藍里(29)だ。今年3月に400万円を投じ「美容整形」を受けたと公表したことで姉の藍里が大ブレイク。9月にはフォトエッセイ「1mmでも可愛くなりたい。」(扶桑社刊)を発売し、今、注目度では妹以上かという具合になっている。

 そんな有村姉妹を巡って、関係者の間でさまざまな思惑が渦巻いているようだ。

「あまり大きな声で言えない話なのですが、架純サイドの関係者は『姉妹共演』を避けたがっているんですよ」(映画関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策