芸能

池田エライザ「Gカップ鮮烈艶技」大研究(1)汗で濡れた巨胸揺らした!

 クールな美貌に加えて、抜群のプロポーションが映えるGカップ美バスト──。コギャルから元「夜のサービス嬢」まで幅広い役を大胆に演じて、観客のドギモを抜く過激な描写に挑戦し続けている池田エライザ。これまでの「名シーン」を振り返りながら、令和時代の艶技を背負って立つ、「隠れラブシーン女王」の素顔に迫る!

「池田エライザはフィリピン生まれ、福岡県育ち。父親が日本人、母親がフィリピン人のハーフ美女です。身長は169センチとスレンダーなプロポーションながらGカップ爆裂バストなのが、ネットでは池田の名前をもじった言葉などで、話題になっています。映画やドラマでの艶シーンや、アクションなど体当たりの演技が評価されており、最近最も注目すべき女優なんですよ」

 そう絶賛するのはベテランの芸能ウオッチャーだ。

ここで、彼女をよく知らない人のために、簡単にプロフィールを紹介しよう。エライザは09年にローティーン向けファッション誌「nicola」(新潮社)で専属モデルとして活動をスタートし、11年に映画「高校デビュー」で女優への第一歩を。13年からはファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルとしても活躍した。

 その後も映画やドラマのみならず、モデルの経歴を生かして東京ガールズコレクションなど各ファッションショーにも多く出演するなど、その活躍の場を大きく広げている。

 今年5月からauの“三太郎シリーズ”CM「新しい物語~親指姫登場」篇に三姫の母親「親指姫」役として出演。フワフワのピンクのドレスに身をまとったキュートな姿が印象的なので、これでエライザの存在を知ったオジサンも多いのではないだろうか。

 今や大躍進を遂げた新進女優のエライザだが、最初に彼女の艶っぽさが注目されたのは、15年に出演した「映画 みんな!エスパーだよ!」。スキャンダラスな描写とテーマで評価の高い園子温監督の作品で、彼女はオーディションを勝ち抜き、みごとヒロインに抜擢された。この作品のキャッチコピーの意味は、未経験の男性が恋をして世界を救うというもの。SFや色香、ギャグなどさまざまな要素が詰まった“性春”モノであるが…。

「エライザはある日突然、テレパシーが使えるようになってしまったエキセントリックで気が強い女子高生・平野美由紀役を体当たりで演じています。中でも、エライザが自分で慰めているんじゃないかと連想させる寝起きのシーンはかなり艶っぽいですよ」(芸能ウオッチャー)

 胸元の大きく開いた白のインナーシャツと下は肌着だけのエライザが、朝を迎えた部屋のベッドで体を横たえている。足元から、その艶やかな長い脚をゆっくり舐めるようにカメラが動くと、「ハァ…ウッ、ウン…」と体をくねらせながら、エライザが悶える姿態が映し出される。汗に濡れた下着は体にピッタリと張りつき、蒸れた女体の体温を伝えてくれる。

 さらに、カメラはエライザの上半身を天井から見下ろす。谷間に汗をためたバストを艶かしく揺らし、目を閉じて枕を握りしめながら苦しい表情を見せてアエぐ描写は、さながら彼女と正常位でいたしているような目線で楽しめ、いたく興奮させられる。

 実は頭痛に悩まされている設定なのだが、一人でよつんばいのポーズになったり、体を震わせながら息を切らし体を波打たせる描写は、どう考えても“別のイメージ”と重なってしまう。

「その他にも、上下白い肌着姿を惜しげもなく見せた着替えシーン、超ミニ丈の制服からの肌着のチラっと見え。ゆさゆさと爆列バストを揺らしながら走るシーンなど、とにかく体を張った大胆な艶シーンだらけ。エライザの魅力が詰まった役どころになっています」(芸能ウオッチャー)

 園監督も「今後、業界を揺るがす、とてつもない存在になるだろうと、今のうちに言っておく」と絶賛するほどの、圧倒的な存在感を見せつけたのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」