芸能

「こぼれそう!」森口博子“純白バスト”で思い知らされた51歳奇跡ボディ!

 11月5日、NHKで放送された「うたコン」が、男性視聴者を歓喜させた。

 この日の放送は、「憧れのあの人・あの歌 名曲リスペクト」として、前川清や藤あや子、野口五郎などが出演、初登場となったHey!Say!JUMPが坂本九の曲を披露するなど盛り上がったのだが、中でも注目を集めていたのが、ガンダムの名曲を披露した森口博子だった。

「森口は胸元まで露わにした白のドレス登場したのですが、それにも負けない肌の色白ぶりに、思わず釘付けになってしまいましたね。圧巻は、熱唱後のお辞儀。前かがみになると、51歳にしてボリュームが衰えない、推定Cカップ純白バストの上部が飛び出し、《こぼれそう!》《これは感謝すぎる》とネット上も歓喜の声が溢れ返ったんです」(テレビウオッチャー)

 昨今、「機動戦士ガンダム」が放送開始から40周年を迎え、ガンダムシリーズの主題歌を務めてきた森口が、再び脚光を浴び始めている。

「『うたコン』でも披露した85年のテレビアニメ『機動戦士Zガンダム』(テレビ朝日系列)の主題歌『水の星へ愛をこめて』が、まさにデビュー曲。当時は多少はヒットしたものの、彼女の認知度はまったく上がりませんでした。その後はバラエティに活路を見出しますが、91年に劇場版『機動戦士ガンダムF91』の主題歌を担当したことで、アニメファンも加わって世間一般にその名が広く知れ渡ったんです。当初、ガンダムの仕事を受けていなければ、今の彼女はなかったと言っても過言ではないでしょうね」(芸能記者)

 それだけに、今回は気合の入った衣装での登場だったのだろうが、それにしても、キープされたあの色白ボディである。長らく芸能界にいながらスキャンダル皆無という貴重な存在ではあるが、何とももったいない気もする。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬