芸能

芸能プロ、旧態依然な“暗部”を暴く!(2)怪しすぎるオーディションの「裏」

 明日のスターを夢見てその門を叩く人々を食い物にする、悪質な芸能プロの実態を暴いていくシリーズ。まずは前回、ご紹介した詐欺まがいのオーディションで荒稼ぎする芸能プロの実態について、より詳しい話をしていこう。

 そこそこ名の知れたタレントを顔にしたオーディションを開催し、ほとんどを合格させて芸能スクールに落とし込み、その入学金をまるまるキックバック。一回のオーディションで500万円もの荒稼ぎをする悪質するのだが、この落とし込まれる芸能スクールが、また悪質なのだ。

 実際に、そんな事務所で働いていたという人物がこう話す。

「レッスンは行われますが、テレビ局に売り込むために“スクール内オーディション”が定期的にあり、その参加費とプロフィール作成費用といって、3万円ほどのお金が必要になる。せっかくのレッスンの成果の発表の機会を無駄にしたくないと、はじめの2~3回は参加する人もいますが、いっこうに合格しないし、売り込んでもらえる気配もない。そんな状況に不満や愚痴が募っていきますが、“おかしいんじゃないか?”といった思いを、他の生徒やタレントたちと共有したり情報を交換しないように、入学時に“ここでの学びは遊びじゃない。他の人との連絡先の交換も交流も禁止します”と強く言われているので、それもできない。不安と後悔、失望の日々を過ごすことになるんです」

 中にはもちろん「話が違うじゃないか!」「おかしいんじゃないか!」と事務所に食ってかかる者もいるというが…。

「明らかにはじめから成績のいい生徒が必ず一人いて、スクール内オーディションにも受かっていて、『まずは彼女くらい力をつけてくれないと』と、言われると何も言えません。その生徒は、いってみれば事務所が入れている“サクラ”です。そうでなくとも、彼らは弁護士や警察OBなどを相談役にしているので、文句を言われた時の対応も完璧にマニュアル化されており、とてもじゃありませんが素人では太刀打ちできない。言葉巧みに丸め込まれ、逆にさらにお金を引っ張り出されてしまう、そんな人たちを何人も見てきました」(前出・芸能プロ関係者)

 そんなに簡単にスターになれると思うほうにも考えの甘さがあるように思えるが、人の夢を食い物にして、いいはずがない。

(露口正義)=写真はイメージ=

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す