芸能

「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声

 今年の秋クールより放映されている「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の11月14日に放送された第5話の視聴率は15.9%。誰もが予想しなかった苦しい数字を叩き出した。裏でサッカーW杯アジア第2次予選「日本-キルギス戦」(TBS系)が放送されていたとはいえ、前回(17.8%)から一気に約2%の減。初回は20.3%からスタートしたものの、ジワジワと下降が止まらず、ついに過去の全シリーズを通しても最低の記録となったのだ。

「第5話では、ゲストとして、大御所女優の岩下志麻が出演。岩下はシリーズの3作目にも、日本看護師連合名誉会長・三原雅恵として出演しており、話題性は十分だったはず。さらに、新米ナース役の若手女優・今田美桜を随所に登場させて、男性視聴者の気を引く演出もしてはいました」(芸能ライター)

 しかし、それでも、視聴率を盛り返すことができなかった。ネット上では、米倉に〈一匹狼感がない〉〈覇気がない〉といった、具体性はないが、どうやら大門未知子にマンネリ感を覚えているとみられるコメントや、〈第5シリーズは未知子自身の手術で閉幕し大団円でしたが今回はどのように締めるのか〉などと、いささか気の早い最終話についてのコメントも見られた。

 そんな状況下で指摘されているのが、昨年の主演ドラマ「リーガルV」の復活があるのではないか、という見方だ。

「昨年の秋クールに放映された米倉主演の連続ドラマ『リーガルV』の視聴率は、平均視聴率が15.6%で、最高視聴率は第2話の18.1%。最低視聴率は、第8話の13.4%。それまでの『ドクターX』を超えられませんでしたが、それでも米倉サイドは当初『リーガルV』の続編制作を希望していたようです。ところが、今年2月放送の米倉主演のテレ朝スペシャルドラマ『疑惑』の視聴率が11.2%と低迷し、“米倉神話”の陰りを指摘する声も出たため、そんな声を封じる意味でも、『ドクターX』で勝負しているとの説もある。しかし、考えてみれば、『リーガルV』も『疑惑』も昨今のドラマ事情を考えれば、決して悪い数字ではない。だとすれば、もともと、ドクターXのイメージがつきすぎて役の幅が狭まるのを嫌い、米倉たっての希望で始まったといわれる『リーガルV』続編であれば、米倉も本気で取り組めるのではないか。局側の方で本腰を据えることで、『ドクターX』をも突き抜ける良質なドラマとなりうる可能性も十分に秘めているはずです」(前出・芸能ライター)

 ともあれ、“座長”米倉の気力&体力のこもった演技で、「ドクターX」後半戦がどこまで盛り返せるかに、期待したい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
3
常盤貴子の完熟ボディに熱視線!過去最高の「2つのふくらみ」は見逃せないッ
4
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
5
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」