芸能

「麒麟がくる」ドタバタで沢尻エリカに怒りと不安を募らせるアノ“大物女優”

 業界の激震がいまだ収まらない、沢尻エリカ容疑者の法律違反の薬物所持による逮捕。

「警視庁による尿鑑定では違法な薬物の反応は出ず、結果はシロ。これにより、当初は薬物が自分のものであると認めたり、伝えられているような“10年以上前から薬物を使用していた”“有名人が薬物で逮捕されるたび危ないと注意していた”とした供述を、万が一沢尻が一転させ容疑を否認したとすると、立件自体が微妙になるという見方もあります。ただし、何らかの薬物ルートを持っていることはほぼ間違いなく、どう転がっても世間の厳しい目は避けられないことから、芸能活動がしばらく断たれることには変わりないでしょう」(芸能記者)

 テレビやCMを中心にその影響は計り知れないが、中でもやはり、最も揺れに揺れているのは、大河ドラマ「麒麟がくる」が新年から放送されるNHKだろう。

「沢尻は、主演の長谷川博己が演じる明智光秀の姻戚で織田信長の正妻・濃姫という重要な役どころ。しかも終盤まで登場するということから、まずは代役候補の絞り込み作業に取りかかり、12月上旬から撮り直し予定であることが伝えられています」(テレビ誌ライター)

 そんな、大河ドラマ始まって以来のドタバタの中、人知れず不安に駆られているのではと言われているのが、女優の鈴木京香だ。

「長谷川とは、くっついたり離れたりが報じられていましたが、今年に入り、誕生日だった長谷川が鈴木の自宅マンションから出てきたところを女性誌により報じられ、交際が続いているとされますからね。何しろ長谷川にとって、今回の大河主演は俳優人生をかけた大一番。それを支える鈴木にとっては、出だしからのつまづきに沢尻への怒りと不安が募るばかりなのでは」(前出・芸能記者)

 沢尻容疑者が引き起こした騒動に巻き込まれた者は、数知れずである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
2
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
3
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり