芸能

岩下志麻ら「金田一耕助」篇/ホラー・猟奇映画「禁断ベッド場面」全集(3)

 日本で最も有名な私立探偵といえば、金田一耕助をおいてほかにない。おどろおどろしい殺人事件には、色と欲が伏線としてちりばめられている。

      * 

 金田一ブームを巻き起こしたのは、角川映画の第1作でもあった「犬神家の一族」(76年)。石坂浩二が演じた「ボサボサ頭の金田一」は、その後のリメイク作においても継承された。同作では島田陽子(66)や佳那晃子(63)のバストがチラッと見えるシーンが見られ息をのんだ。

「祟りじゃ~っ!」のキャッチコピーが流行語になった「八つ墓村」(77年、松竹)は、連続殺人の犯人を妖艶な小川眞由美(79)が演じた。ベッドシーン事情に詳しい映画ライター・松井修氏によれば、逃げ込んだ洞窟で、萩原健一の上に乗る形で激しく交わっていたという。「小川はこの2年後にも『復讐するは我にあり』(79年、松竹)で緒形拳を相手に上になったり下になったりの激しいベッドシーン」を見せたそうで、最盛期のベッドシーンを見せてくれた、と振り返る。この「八つ墓村」では渥美清が金田一役。そして西田敏行が一度だけ金田一に扮した「悪魔が来りて笛を吹く」(79年、東映)では、「近親相姦」が物語の鍵を握った。兄と妹が子供を作ったことから悲劇が始まるが、妹役を演じたのが鰐淵晴子(74)である。松井氏によれば、実の兄との禁断のベッドシーンでは、ハーフ特有の白肌と豊かなバストが「鮮烈」だったといい、男女の営みについて、「貪欲でありながら、どこか隠しているという、淫靡な絶妙さを鰐淵が熱演していました」という。

 本作は昨年、BSプレミアムでもドラマ化されている。金田一に吉岡秀隆、椿夫人には筒井真理子(59)が扮したが、NHKと思えぬハードな描写が話題になった。

 筒井は実の弟(原作から設定を変更)が若い娘を犯しているそばにいて、クライマックスを迎えるところで娘を突き飛ばし、自分が弟の体にまたがり、あえぐ。さらに、長らく不貞関係にある一族の主治医には立ち姿勢で貫かれるという禁断のシーンにも挑んだ。

 鹿賀丈史が金田一役を演じた「悪霊島」(81年、東映/日本ヘラルド)は、岩下志麻(78)がヒロイン。かつての恋人がいなくなったショックから、男を求めてうつろう巴御寮人を演じた。前出・松井氏によれば、岩下は全脱ぎこそないものの、「妖艶なカラミをやらせたら右に出る者がいないフェロモンをまき散らす」演技を見せ、着物の下に指をはわせて、絶叫しながら自分で慰め、失神するという「極上のシーン」を見せたという。ちなみに本作の監督は、夫である篠田正浩だ。

 最後は、超大型台風が列島に深刻な被害をもたらした10月12日にオンエアされた「八つ墓村」(BSプレミアム)である。前出の映画版で小川眞由美が扮した森美也子役に真木よう子(37)が挑戦。かつてショーケンが演じた辰弥役・村上虹郎を色香で陥落し、夢中にさせる。

 白眉だったのは真木が村上の背中の古傷に舌をはわせるシーン。まるで蛇のような長さと動きで、ナメ回すだけで村上がイキそうになるほどの超絶技巧を見せた。真木よう子にとって、久々に会心の役だったのではないか…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴