芸能

芸能人「悲報館」25連発(4)<ネット編>辻希美はもはや「見事な炎上芸」

 ママタレとして好感度抜群だった木下優樹菜(31)が実姉の勤務するタピオカ店を恫喝したことが今年7月に判明し、ネットで大炎上。結果、芸能活動を自粛するハメに陥った。こうしたSNSやブログなどの悲報をのぞいてみると‥‥。

 これまでブログで数えきれない「悲報」を垂れ流してきた「平成の炎上クイーン」こと辻希美(32)。花粉症で耳鼻科へ行ったことを報告すれば「もっとツラい病気の人がいるのに」と炎上し、イチゴに練乳をかければ「採りたてで新鮮なのにもったいない」など、今や「息をするだけで炎上する」と言われる始末だ。これを芸能記者の松本佳子氏は「みごとな炎上芸」と、皮肉を込めて絶賛する。

「ブログだけで月に数百万円の稼ぎですから、とにかく話題になってナンボ。炎が消えかかったと見るや、すぐに次のネタを投下している印象です。しかし、それでも木下優樹菜のように致命傷にならないのが賢い。他人を叩くことはせず、自分が叩かれるネタだけを選んで書いています。ですから、かすり傷はたくさん受けても、一度も大ケガはない。これほど炎上商法がうまい人はいません」

 娘のために作ったキャラ弁が「怖すぎる」「ヤバい!」と話題になったのはハイヒール・モモコ(55)。友人である小川菜摘(56)が自身のブログで紹介したところ大反響となり、モモコの料理下手が一気に知れ渡るところとなった。

 スポーツ紙記者が語る。

「ソーセージやたらこで作った謎の女の子のキャラ弁は、娘さんが弁当箱を開けた瞬間に『バラバラ死体や!』と叫んだそうです。確かに不気味なうえに彩りも悪く、まったくおいしそうに見えません。ただ、このネタで『有吉反省会』(日本テレビ系)などのバラエティー番組に出演し、笑いも取りましたから、十分に元は取ったでしょう」

 逆にブログの炎上でダメージを受けたのは演歌歌手の神野美伽(54)だ。

「新幹線に乗車する前に買ったパスタやサラダの入った袋の中にフォークが入っていなかったため、あろうことか車掌室へ行き、車内販売のカートにフォークがあるか尋ねた。しかも、その時の車掌の対応が冷たかったことを長文のブログで批判したのです」(スポーツ紙記者)

 これがネットニュースに取り上げられると「常識がない」と批判が殺到したのだ。松本氏もこう解説する。

「やはり被害者ヅラで誰かを非難すると、ネット上では炎上しやすい。芸能人にはファンがいて、彼らは『かわいそう』とか『ひどいですね』と同情してくれますが、ひとたびネットニュースなどにさらされると、そうはいきません。いい勉強になったのではないでしょうか」

 ネット上では「炎上」だけでなく、「誤爆」もしばしば話題になる。若くして「芸能界の女帝」になりつつある指原莉乃(27)にも、そんな過去があった。14年に出版した初の著書「逆転力」(講談社)について、〈逆転力読んだら彼氏できました!!!! さっしー大好き!〉などと自作自演のツイートをみずからのアカウントに投稿したのだ。これには、すぐさま〈アカウント間違えたよ〉と投稿し、ファンから「ワザとでしょう?」「そこがかわいい」などと評価を受けたが‥‥。

「いや、間違いなく誤爆です。これがかわいいだけの他のAKBメンバーだったら大炎上だったはず。ただ、この回収力はさすが。今や芸能界の新ご意見番的なポジションですが、5年前からそのニオイがあったんですね」(松本氏)

 お笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹渡辺江里子(47)にも誤爆エピソードがある。相方の木村美穂(46)に「カラオケ終わってヨーカドーにいます。今うちにトマトありましたっけ?」とLINEで送るつもりが、間違ってツイッターに投稿してしまったのだ。

「イメージどおりのほのぼのエピソードですね。芸能記者としては、男に送るメッセージを誤爆してもらったほうが盛り上がるんですけどね」(松本氏)

 嵐や本田翼(27)、カジサックことキングコングの梶原雄太(39)など、YouTubeにチャンネルを開設するや、登録者数が100万人を突破する芸能人がいる一方で、デヴィ夫人(79)、夏菜(30)、小嶋陽菜(31)など、ほとんど話題にならない人も。中でもデヴィ夫人は登録者数9万人と、その知名度と比較すると悲しいかぎりだ。

「ただ、著名人の中には宣伝のために企業からお金をもらってチャンネルを開設する人もいますから。その場合、登録者数はあまり関係ありません」(松本氏)

 そういえば辻希美も、半年前に「辻チャンネル」を開設し、33万人の登録者数を誇っている。平成に続いて「令和の炎上クイーン」も決まりだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃