芸能

川口春奈、「麒麟がくる」大抜擢で注目される「艶っぽ濃姫」な素顔とは!?

 令和2年の芸能界で最もブレイクを果たしそうな女優が、1月19日にスタートする大河ドラマ「麒麟がくる」に抜擢された川口春奈(24)だろう。

 とかく薬物逮捕で放送直前に降板した沢尻エリカの“代役”という話題性ばかりがクローズアップされてきた川口。だが、そのスター性は業界関係者の間でも高かった。しかも、その素顔が「脱ぎ惜しみなし」の“艶っぽ濃姫”だというのだからたまらない。そんな、新スター候補の“桃色実像”に、「週刊アサヒ芸能」が迫っている。

 川口といえば、かつて低視聴率女王の烙印を押された苦い過去がある。13年10月から放送された木曜ドラマ「夫のカノジョ」(TBS系)では、川口は満を持してゴールデン枠の連続ドラマでは初の主演を務めた。ところが…。

「視聴率が大惨敗して、いきなり“低視聴率の女王”という負のレッテルを貼られてしまうことに…。初回と第2回は4%台、第3回以降は3%台に低迷して、全8回の平均視聴率は3.87%で、予定回数より少ない“打ち切り”で終了。川口の責任と言うより、主婦とOLの“中身が入れ替わる”ファンタジーという、やや手あかのついたストーリーだったり、裏番組がオバケ番組の『ドクターX』(テレビ朝日系)だったことも大きいんですが、ここから、川口が出演するドラマや映画はヒットしないなどという悪評が流れるようになってしまったのです」

 そんな世間の評判を本人に知られたくなかったからか、事務所から川口に“ネットのエゴサーチ禁止令”が出たこともあったという。

 そうした芸能生活のピンチを潜り抜けるきっかけとなったのが、艶路線でのハッチャケぶりだったのだ。

「とりわけ、モデル出身のフォトジェニックとしての評判は、CM関係者を中心に高まった。16歳から20歳まで2年おきに出版された『haruna』3部作は、健康的なセパレートタイプの水着姿を披露したかと思えば、20歳を記念した3作目では、挑発的なアンダーウエア姿も見せ付けています」(芸能関係者)

 さらなる艶っぽぶりの全容は、1月14日発売のアサヒ芸能1月23日号でレポートされている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」