芸能

多部未華子も大胆肌見せ!真冬の「湯けむり情欲シーン」はこんなにあるッ

 本格的な冬の季節になると、男なら誰もが思うのが「温泉宿への旅」であろう。さらに、美女と一緒であれば、そこは〈桃源郷〉である。そんな夢をかなえてくれる映画が、日本にはいくつも存在する。映画パーソナリティのコトブキツカサ氏が言う。

「倍賞美津子の『復讐するは我にあり』(79年、松竹)や、黒木瞳の『失楽園』(97年、東映)は、野天風呂での情欲シーンを描いた不朽の名作です。これに忘れてならないのは、勝新太郎の代表作『座頭市』(89年、松竹)での樋口可南子ですね」

 勝新自身が監督を務め、シリーズの集大成として大ヒットした。ここで樋口は、どういう役を演じたのか?

「背中一面に刺青を入れた女親分の役。座頭市役の勝新が暗闇の野天風呂に入っているところへ、一糸まとわぬ姿の樋口も入湯します。樋口が湯の中で勝を抱きしめると、勝もそれに反応する。このシーンは今でも鮮烈に覚えています。手の届かない存在の樋口が、こんなふうに積極的な役を演じるんだとギャップに燃えました」

 ギャップといえば、庶民的な役どころが多い多部未華子だろう。映画評論家の秋本鉄次氏が語る。

「主演作『ピース オブ ケイク』(15年、ショウゲート)は、“PG12指定”という多部ちゃんらしからぬ仕様です。恋愛依存症の女性役で、綾野剛にタンクトップを脱がされ、細い背中と意外に大きな胸を見せてのベッドシーンは強烈でした。さらに1メートル四方の狭い浴室で、綾野から抱きかかえられるように泡だらけでいちゃいちゃする。奔放な役のせいか、ボディまで悩ましく進化していた。女優としてみごとな憑依ぶりでした」

 ほかにも「浴室のベッドシーン」を描いた傑作21本を、1月14日発売の「週刊アサヒ芸能」1月23日号が詳しくリポートしている。湯けむり気分に浸れることは間違いないだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン